「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
夏の花
2017年07月16日 (日) | 編集 |
日差しが弱くなり夕刻の風が吹くころ、
散歩がてら買い物に行くことにしている。

明日の朝のパン、プリンターのインク、はがきにはる記念切手・・・
家を出て少し行くと、のうぜんかずらが咲いていた。
半世紀ほど前に住んでいた家の塀沿いによく咲いていた。
夏にはのうぜんかずら、秋には柿がなった。
天災で自宅を失った方の心情はいかばかりかと思う。。。
私の子供時分には、戦災で家を失ったが。

20170709-1.jpg

When taking walk along nearby path at evening,
found bright Trumpet creeper (Nouzenkazura).
Though hot day in Yokohama area, felt gentle breeze.
Expressing sympathies to many persons affected by heavy rain downpour.

うっしっし
テーマ:大切なこと
ジャンル:ライフ
学園祭は意気揚々だな
2017年05月23日 (火) | 編集 |
五月晴れに五月祭に行った。

So many people on all the street s in the campus.
Couldn't move forward in crowds.
After lapse of time , the wind orchestra sounded brightly brass instruments in the auditorium !

五月祭20170521-6

五月祭20170521-5

Brass Bandの開場に
30分並んで待ったが、日陰が要るほど日射が暑かった。
音響がよく響いた。 意気高揚。曲目は知らないものだった。
きっちりとした練習を積んでいるんだな!

続けて管弦楽部も聴いてきた。
こちらは演目がポピュラーで、なじみがあり、楽しんで聴いた。

吹奏楽部
ジュビリー序曲 (P.Sparke)
さくらのうた (福田洋介)
エイブラムズ・パーシュート (David R.Holsinger)
丘の上のレイラ (星出尚志)
三つのジャポニスム (真島俊夫)

管弦楽部
ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
グリーグ/「ペールギュント」第1組曲より「朝」「山の魔王の宮殿にて」
ブラームス/ハンガリー舞曲第5番
J. シュトラウス/トリッチ・トラッチ・ポルカ
J. ウィリアムズ/映画「ハリー・ポッターと賢者の石」より「ハリーの不思議な世界」
チャイコフスキー/バレエ組曲「白鳥の湖」より「情景」「4羽の白鳥の踊り」「パダクシオン」「ハンガリーの踊り」「ワルツ」
アンコールは ラデッキー行進曲 手拍子!



学生の演奏は若々しくていい。
大ねーちゃんの在学中から数えて何度五月祭に行っただろう。
来年もまた、行くぞ。

 うっしっし 
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
読書の秋だな
2016年09月18日 (日) | 編集 |
吾輩は 最近は仕事関連の読書となり、
‘過去’に読んだ本では:
「東郷平八郎」
「山本五十六元帥」
海野十三の SF宇宙探検もの。
面白かったなー。

大ねーちゃんは 読むのが速い。
「そう。 面白い?! いつか読むよ」ではない。
手に持てば、すぐに目を通し、読む。
そうであれば、本もたまらない。
保管する本棚は、しましまが登り、上から
監視する燈籠にもなる!



倒れる時は、前のめり“ とは、
道でけつまずいた時は、前のめり しなさい などと、
諸事にわたり、注意が書いてあるのだろうか?!
手に袋など持っていると、それを道にうち付けて
身体を守る事ができる。
後ろ向きに倒れて、頭を打ち大事に至れば大変だ。

“家康、江戸を建てる”とは、
火事に備えて、道幅を広げたり、水路を掘ったり、
有事に備えよという事か?
街並みを整える事は、江戸への観光を増やし、
将軍を崇める役にもたつ。

jijiblog20160918-2.jpg

次の読書リストが来たぞ。
文字を読むには 眼力が要る。
眼圧が高くなり、視力が衰えてくれば
本を読みたくても読めない。
いつか暇になれば読もうでは、遅い。
かれい、加齢は待ってくれないぞ!

 ウッシッシ 
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
給料をいただくということ
2016年09月12日 (月) | 編集 |
大兄ちゃんは 初めての給料で、

Mumに焼肉を ご馳走したのか!

和牛肉で美味しかった事だろう。

野菜も沢山食べてよ。


(↑これは違う店のだが・・・)

じーじは 初任給で蛍光灯を買ったように思う。

電球から代わり、明るくなって

それは嬉しかった事だったよ!

鮮明に覚えている?



初めて手にする、初めて見る。

質問も出ようというものだ。

知的職場では 許され、歓迎される事だろう。

肌で覚え、見よう見まねで、技術を盗めという職場でなくて

よかったのではないか。



焦る事はない。 この先何年もある。

自分の考えは持ち、発言すればよいが、

上司、先輩の云われることは 一理あるのだ。

「N君。 君なあー。 そう云うけどこんな事考えた事あるか?」と 

上司から よく云われたことを思い出す。

終生の上司であった。



正論であっても 商売は 売って なんぼである。

“客をよく見て、物を売れ”と 云う。

上司の苦言、客の苦情は 「薬」である。

飲んで、自分の土俵に引き込み、売り上げるのだ。



おばあさんの言葉が有る:

「道を歩いていて、人とぶち当たりそうな時は、

譲ってその人の後ろを歩きなさい。

そうすれば、衝突しない」



考えは 心に暫し温めておくことも必要だ。

自分が その立場になれば 存分に力を

発揮すればよい。

毎日針は進んで行く。

やる事は いっぱいある!

 ウッシッシ 
テーマ:大切なこと
ジャンル:ライフ
飛行機はいいぞ
2016年09月10日 (土) | 編集 |
思いがけず夢かなってNYに行ってきたぞ。
こんな日がこようとは!


(ジャカランダ姫からお借りしたぞ)

駐在員Yくんにお世話になった。

かの地では、徒歩か レンタ・サイクルかの通勤と。スマートだ。

グランド・セントラル・ターミナル近くのずらりと並んだバイク置き場を見せてくれたので、
実感がわく!

マンハッタンの道路は意外にも穴が多いとのことだが
走りも慣れると どの辺りに穴ぼこが有るか分かり、
うまく避けてスイスイと行けるのではないか。

市内の道の悪さなど大物なアメリカ人は頓着しないのでは。
車社会、それも高速の、では、 さすがにハイ・ウエイには
へこみが無いように思われる。

気持ちが大きい人は、体も大きい。

これは、一皿に盛られてくる量が多いという事になる。
とてもじゃないが、我ら日本人には サラダにしろ、
ハンバーグにしろ、焼き肉であれ もてあます。

NYにあっても、接待時には
美麗の新潟県産日本酒を勧めるのはいいことだ。 
間が取れて 食事の手も進む。
話が弾むとこだろう。

こんな情報を基に、業者が出荷量を増やせば、
多大な貢献をする事になるな!
本業以外にも観光特使の役目も担うとは。よきことだ。

最深の飛行機は揺れも少なく快適だった。
節約して次の旅行に備えようか。

 うっしっし 
テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ