FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2019年01月05日 (土) | 編集 |
戦時中 小学生5年生の時、
江戸堀国民学校から島根県加茂町の寺へ集団疎開した。
昭和20年の終戦の秋、10月頃大阪へ戻った。
冬を過ぎてから戻ればスキーが出来たのにと
残念に思ったものだった。

それと云うのも 寺は坂の上に有り 雪が降ると
坂道に雪が積もるので、竹を半分に割ってスキーの板を作り、
坂上から下へ滑って、滑る練習が出来るのだった。


  *この写真は2019年1月5日横浜市青葉区にて撮影

さて、住む所は おじいさんの別邸があった阿倍野区の文の里で、
ここで 北田辺小学校へ転入した。 
丁度冬に向かっていたので
学校へ通う道の家々の軒からは つららがぶら下がり伸びていた。

今は つららを見ようが無いが、その当時寒いと思った事はなかったようだった。

休み時間や放課後には 校庭で野球をした。
この地域は空襲がなく火災に遭っていない。 
家に残っていたのか グラブやバットを持っている生徒がいた。
ない者は 友達から借りて使うしかない。

学校への通学路に雑貨店かの店が有り、陳列窓にグラブが飾ってあった。
“欲しいなあ”と家で何度か云っていると、
ある日 父親が買ってくれていて、渡してくれた。
どうして 買えたのかと思った。

それは 嬉しかった!

速い球を投げるピッチャーがおり、又 
良く打てるバッターがいた。
借りる気を使うことなく、充分に野球が出来るようになった。

楽しかった!!

 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなるぞ*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 80代以上 日々のできごとへ
にほんブログ村
2019年01月02日 (水) | 編集 |
Jan. 1
Happy New Year !
Weather. Fine.
11 a.m. The south of the sky is sunny.
When we look back at the sky in the north,
a clear blue sky comes also into sight.


jijiblog20190101-1.jpg


戦前 大阪市西区京町堀通5丁目に住んでいた時の事を書こうと思う。

小学生3年ぐらい。
元旦には 父は神棚に手を合わせてかしわ手を打っていた。
家の前の軒先には 国旗を立てていた。

朝は 居間の仏壇の前に足つきのお膳が出て
座って食べた。 何か厳かで、嬉しい気持ちだった。

二日か三日目に 肥後橋の朝日会館へ
子供漫画映画を見に連れて行ってもらった。
楽しい思い出で、戦況が悪くなると映画会は無くなった。

正月は 家の外の道路には動きがなくて 
静かだなと思う雰囲気だった。

最近、年中無休の店が増えたが、また三が日休業にする店も出てきたようだ。
従業員のことを考えると、それがいいと思う。
さて、元日はジルベスター、今日は駅伝を見るとするか???

 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなるぞ*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 80代以上 日々のできごとへ
にほんブログ村
2018年12月31日 (月) | 編集 |
2018年、平成30年もいよいよしまいだ。
来年は元号が変わるのだなあ。




大晦日といえば。
母親が 紅白歌合戦が好きだった。
これを一緒に見て、行く年、来る年の除夜の鐘を聞き
布団に入った。

我々子供達も炬燵に足を入れ、見て、
かごに入ったみかんを食べたものだった。

年越しそばを食べた事だろうが、
大きなエビ天が乗っていたかは
覚えがない。
あまり 不満な気持ちを持ったことが
ないなー。

どうぞ良いお年をお迎えください。

 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなるぞ*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 80代以上 日々のできごとへ
にほんブログ村
2018年12月30日 (日) | 編集 |
12月27日の写真
はるか西の空に飛行機雲が見えた。
最高気温13度、最低気温7度。
横浜は気温は低くとも晴天が続き、乾燥している。



戦後、大阪の阿倍野区、文の里に住んでいた頃。
12月の末頃に 母が部屋の掃除をしていた時に、
障子の張り紙を取った後、桟に付いている紙を
水で湿らせ、はずす手伝いをした。

障子は担いで勝手口の通路に並べて
ホースで水をかけて暫く置く。
あまり大掃除の手伝いをしたよう覚えない。

現代は障子の有る家は、大阪や横浜の市内では稀では?!
有っても、ずっと丈夫になっているそうだな。

 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなるぞ*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 80代以上 日々のできごとへ
にほんブログ村
2014年07月21日 (月) | 編集 |
「がんも。。。」
「なすの。。。」
「ひじき。。。」
「鳥ひき肉。。。」 等々の料理を見ると料亭の女将さんと早合点するが、
そうではなくて、
大ねーちゃんは いわゆる社員寮のおかみさんであるとの事だったか。



吾輩は ‘おかみさん’には一度お世話になった記憶がよみがえってくる。

小学4年生の終戦の年、春の4月頃から秋の10月頃迄、
島根県の加茂町へ集団疎開をした。
寺に寝泊りして、男の先生が一人、寮母さん二人が付き添われた。

食糧不足で、お米をかまどにのせた平たい鍋で木で炊き、
底のおこげに塩を振りかけたのをおやつ時に食べた。
美味しかったなー。

“もっと食べたい”と 生徒に云われても、田舎とは言え、
食糧を手に入れるのは大変よとの
寮母さんの苦労は全く分からなかった。


「さあ。 起きなさい」の朝第一番の苦労がある。
大ねーちゃんは 2回以上声掛けをすると、
男衆にYellow cardを発行するんだね。
5枚以上集まると 好きな処で食事をごちそうしてもらえるカードだ。

大兄ちゃんは 3年後から発効する。
小兄ちゃんは 5年後から。
おとーちゃんは いつでも。
“遅れない”、“食べられる”。 お互い良い事尽くめなんだ。

ウッシッシ