FC2ブログ

ワインとdaughters

オーストリアからのワイン、赤、白 頂いた。
金賞を沢山取っている。
開けるのが楽しみだ。

instaIMG_20190927_163913_127.jpg


 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなるぞ*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 80代以上 日々のできごとへ
にほんブログ村

HAPPY BIRTHDAY だぞ

先日は吾輩の誕生日だった。
朝からまだーむは買い物に行ったり料理の準備をしたり大忙しだが
吾輩は知らぬ存ぜずでいつも通りの散歩だ。


Weather. Cloudy sky.
1 p.m. Tree at entrance of our house against cold sky.

夜になって、大ねーちゃん、小ねーちゃんと
grandson- 2と granddaughter がやってきてくれた。
なんと中ねーちゃんとそのhusbandはSydneyからの電話で参加だぞ。

jijiblog20181216-3.jpg

カンパーイ!
Red wine is necessity for grilled meat party.
It's my Birthday Party !

jijiblog20181216-4.jpg

昭和10年生まれだが、まだまだ『生きてるぞー!』
の精神で暮らしていくぞ。

 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなります*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

披露宴とは喜びを披露することだな!


この春に日本で挙行した披露宴には、
落ち着いた由緒ある所を選んだよ!
庭の桜は丁度満開、
一万坪の庭山の木々は青葉をみせる。
当日は 「ここから先の庭園への立ち入りは、本日はご遠慮下さい」との立て看板を見て、
その配慮に驚き、感謝した。

総監督、進行、カメラなどの実行委員、演技者などがフル活動した。
参加をお願いした方々は全て出席下さり、大変に有り難い事であった。

主賓者が喜びの表情をみせ、
皆さん遠来からの参加で、
各人楽しく、会を盛り上げてくださった。
嬉しい限りであった。

Sねーは、開放的な活動家。
そうだね。 小さい頃から、
アフリカ大陸は Nairobi, Kenya,
ヨーロッパ大陸は イギリスのBrighton,
北米大陸は Atlanta などに滞在し、
長じて、オーストラリア大陸へ行く。
広大な土地が合っている。

現在、未来は 
過去の上に有る。
これまでの喜び、嬉しさは残して置いて、
これからは、出来なかった事、遣りたいことを
広い心で 明るく、日々行っていって。

tai.jpg


 ウッシッシ 

コメントをいただいたぞ

非公開でコメントをいただいていたことに気が付いていなかった!
ボーイの誕生日祝いのことに寄せて書いた記事だった。

http://chaujiji.blog3.fc2.com/blog-entry-479.html

お礼の伝えようもないのだが、
こうして思いを書いていると、どなたかが共感を寄せてくださったりするというのはいいもんやなあ。
その後もお元気に働いておられるといいなあと思う。
もしまたこのサイトを見られることがあったら、と思いお礼まで。

最近は公開記事というのは何かと問題があるということで、
大ねーちゃんから記事の依頼が来なくなってしまった。
これはまた寂しいことやなあ。

50年は長くも短くも

「カラオケ館って これ?!
明るい立派なエントランスだね。
ホテルか?」

銀座4丁目から有楽町方面へ少し歩いて大ねーちゃんに連れて行ってもらったときに驚いた。

式次第の実行委員会があるとは?
二次会でカラオケをすると聞いた時、
えらいことになったぞと思った。
若者たちと違い、口を開けて歌う機会がない。

さて、金婚式の「懐食」では新鮮な食材のお膳料理を頂いた。
我々には特別に伊勢海老をつけてくれた。
素晴らしい出し物だった。
成人になった孫達には一品でも追加をと考える必要もなく、
料理を楽しんでくれてよかった。

さあ、角部屋の広い特別室で「カラオケ」が始まる。
いやー。 プログラムには 驚いた。
率直に云って この度の一度で聞き,見終わるのは勿体無いの気持ち。

おとうちゃんの場慣れた“ソロ”
“りんご姫と母との振付け付きデュエット”
初めから終わりまで二人の踊りが違わずに,ピタリ合っている。
夕食後に時間を作り出して、練習したと聞いた。
“ももくろ”を 大兄ちゃん。 リズム感があり、躍動する。
“SaxとClarinet” 小にーちゃんは吹き慣れたものだが、
大ねーちゃんは昔むかし御茶ノ水の楽器店で買ったクラリネットを
引っ張り出し、特訓したとか。
りんご姫も長く独唱した。 そして、
りんご姫のおとうちゃんも兄ちゃんも ”ソロ”
練習した跡がよく分かる!

いや。 皆さん楽しいやり手だ。
予約時間が切ってなかったら、もう1クール進んだかも?



思うに、我々ふたりは自分の思いの路を進んできた。
いつも考えが同じだったとは言えない。
違った事が多かった? それをMumさんが正して来てくれた。
「それは違うでしょう。こうすればどう?!」

若い頃、台所で夕食の準備をしていた時、ハミングしていた。
私は 「貿易概論」の勉強をしているんだから、うるさいとよく云ったそうだ。
 そうだったか?
今 吾輩は 掃除機をかけている時、
‘ミーファ、ファーミ、ミ、レ、ファ、ファーミ、
ミ、レ、ファ、ファーミ、ミー 。。。。。 ‘
と口ずさんでいる。
これは 同じ動作ではないか。
若い時は悪かったなー。
どうも する事は同じではないかと分かり、今後も謝りが続くか。
反省。

ウッシッシ

少し前のことになりますが、目出度く両親が結婚50周年、金婚式の日を迎えました。両親が健在で、この佳き日を迎えるということで、「お祝いプロジェクト実行委員会」が発足。自称 実行委員長のワタシ、当初は「…まあお食事会でもして…お祝い包んで…」と...我が家流☆金婚式の巻

金婚式に寄せて

Thank you very much to you all
for coming here today to celebrate ourgolden wedding.
Let me have a short time, roughly 10 minutes,
to talk about our past life.

I’ll speak in English, because our gandchildren are now
familiar with the language.

Our life started in 1964, 50 years ago, with the words from
Kyoko san’s father to her.
“Decide to marry him. He is an ordinary man”
She s still at a loss for a marriage and a future life.

When I heard from her about such a family talk,
after years passed, I thought hard in mind,
“I’ll work hard for our family, and
I’ll not make him feel sorrow by my deeds.

My introduction ended.

My main points are:

Nothing valuable has been done by me to our family.
I’m a kind of fish, selfish.
I’ve devoted myself to my own personal matters.

What came out from that behavior?
Can you imagine?
This yields to our family
the spirit of independence from others,
the mind of endurance of my bad-tempered voices,
the productive mind to create original ideas.

Now, on reflection, Kyoko san has helped me
all through the life.
Her good characters are:

1. Every time when we got the birth of our daughters,
she smiled to her, and said ”What a pretty child you are!”
She took care of them equally with her love and heart.

2. She likes people to meet.
She took her daughters outdoors at hot summer, and even
in cold wintrer times, till late at night.

The word “people” means [Speak , and then ends well]
To talk fully and calmly is important in any case.

3. She looks at things from bright sides, not from gloomy sides.
She does not look back on the past, but she looks forward.

4. She doesn’t care about trifles, small matters, but she
turns to her broad outlook.

Today I have no time to talk about our daughters and grandchildren.
I’m sure I can have chances for my talks in the future.

I’m descending from a hill.
You are ascendig a high mountain, to get fine views.
Fresh and new time is now coming to you.

Please keep in mind these phrases.

Hold the sun in your mind.
Have songs in your lips
Keep smiles at your cheeks.

Easy to remember 3S’s. Isn’t it?

This is all for today.

Thank you for your attention.

DSC_0325.jpg
金婚式の日のスピーチ原稿全文です。
編集長の「長すぎ!」のダメ出しにより、当日は「ありがとう!」のヒトコトのみとなりました。
これぞまさしく「ちゃうじーじのヒトコト」だぞ。
*誤字脱字お気づきの方には失礼、編集長に修正していただいたぞ。
 うっしっし 

卒カーしたが卒寿はまだだぞ

「公園の前に着いたよ」 と大ねーちゃんからLineが入る。
ではと 部屋を出て玄関前へ。

ボックスカーへ乗り込み、
道中は 広い後部座席でTVでも見る。 
ひとが運転する車に乗るなんて楽だな。。。!

というように、これからなるんだな。 

50年程前 🚗自動車の免許証を取った。
試験車はFordだった。
急な坂道で止まり、発進する。
目の前は 道など見えず、青空だ。
やっとの思いで、クラッチ合わせをして
坂を上りきり、下る。

後進の車庫入れには 今にもエンジンが
止まりそうで、ガクガクした。
アクセルの少しの吹かしが足りないのだ。

車運転の練習などよく出来ず、
涙ぐましいものだったよ。

さて、年は経ち
免許更新には二回の高齢者講習を
うける歳となった。
そもそも 車が好きだから 実地運転は慣れたものだ。 そして、
スクリーンを見ての検査では
誤反応数は0で、名前をあげて褒められたよ。

長年の運転期間では 失敗など色々と有った。
良い思い出は 次の2つかな:

ケニアの首都ナイロビ郊外へ出ると
我々の車の前後には 走る車は見えない、
と言える程広々と走れる。
こちらでは 車の前方が少しでも空くと
すぐ入ってこられる。 余裕がないなー。

サウディ・アラビアの道路は
幅広く完備しており、高速道路料金はない。 
暑い国柄、道端や分離帯の木々には
散水車が定時に散水して樹木は青々している。

夜、市内の道路の交差点に停止すると、
街灯で 車内でも文字が読めたな。

ああ! 車がなくても 良いことはある。
歩いて 太陽にあたり 健康色になる!!



 ウッシッシ 

今日は“いい夫婦の日”だと!

先日、大ねーちゃんたちは記念日ディナーに出かけたね。
小兄ちゃんは PC、スマホを駆使してCoordinator役をする、
大兄ちゃんは 気軽に外出に送り出してくれる。
お陰で 後顧の憂いなく記念の食事を楽しめたね。

ところで、大ねーちゃんの歴史ある建物での挙式はよかった。
Madamは夢を持っていた。
こんな所で式を挙げさせたい。 しかし
問題は良い日取りは 2年程詰まっていて取れない。
待った甲斐があり、突然空きが出来て幸運だった。

建物の後方には 木が茂り、広い青々とした庭園は
心を落ち着かせてくれる空間であった。

さて、我輩の場合は どうか。
“何名様、お幾らの挙式場”であった。
Madamを後年に至るも嘆かせたものだ。
ああ。御免。
精一杯に頑張ったのだが。

今だから云うが、
‘3,3,9度‘を 形式に従わずにしたよ。
“一度に飲んでもいいんだろう”と
一気に飲み干したんだな!!
嘆かわしいワシの性格の片鱗が既に現れている。

「ネクタイはきちんとしめなさい」と Madam.
 「窮屈だなー」……首回りの緩やかなShirtを買ってくれた。

「待ち合わせ時間には 余裕をもって数分前に着くように」と Madam.
 「丁度に着けばいいでしょ」……大阪時間を改めるように心掛けて、
  早めに出掛けるようにすると、気持ちが楽になったよ!

「食器は10時迄には 洗い終わって」
 食器洗いは我輩の役割だが 満腹後は 暫らく休みたい。
 しかし 直ぐに洗うと 楽な事が分かる。

「寝るのは 遅くとも 1時までに」と Madam.
 「はい。OK」
 そうだ。 節電に努めようとするが、
 掛け声だおれに終わっているか?!

多々ある。
この様な性格の一部は 年月が経った後ほどに分かる。
相手が嫌だと思うことは しない様にすればよい。
Madam は 「こうして」と 云って、 改善を求める。
これをConstructive request, 建設的要求と言う。

「今日は。 これを下さい」 店員さんに声をかける。
「あれ。 関西、大阪のお方ですか?」
どうして 分かるのだろう?? Madamに聞く。
そんなこと 一言聞けば直ぐに分るよ。 と Madam。

いくら経っても、関西弁は直らないが
性格やライフスタイルは丁寧に言い続けてくれれば
雨だれが岩をうがつように変化するものだなー。

今日、11月22日は「いちいちにいにい」⇒「ひぃひぃふぅふぅ」⇒「いいふーふー」の日だそうだ。
今日もまたMadamへの感謝を込めて、お茶をいれようか。

ウッシッシ

喜寿のパーティー

いよいよ喜寿か!

大兄ちゃんと弟が 斜めに座った処で英語で喋っている。
りんごちゃんが にっこりと聞いている。

右端では 中兄ちゃんが Alexと 
Australiaの事情や 日本の事象を話しているぞ。
賑やかな事だ。

今日は 中姉ちゃんの一時帰国Welcome party と
ムコ殿Y君のSingapore駐在帰国の歓迎会だ。
しかし この会に突然 吾輩の喜寿の祝いが 大、小ねーちゃんの密かな発案で入った。
席は決まっていて 真ん中だよ。 驚いたなー。
これぞ 敬老か?!
吾輩は入り口に座り、仲居さんに あれこれ云う事にしていたのに。

順々に 吾輩にヒトコト云ってくれる。
突然の事なのに ad libで。

寄せ書きを 書いてくれた。
突然 立派な厚手の色紙が回ってくるものだから
孫達 たまげたことだろう。
テーブルの端に乗せ、それぞれ思いを書いてくれた。

思い起こすに、吾輩の3人の娘達は
幼少時に東アフリカのKenyaはNairobiで過ごした。
異文化に接し、英語に囲まれ、臆することなく 親しんだ。

小ねーちゃんなど Kindergartenに入り、 苦もなく(?)通ってくれた。 
英会話や 英語の歌のうまさなどは 当然、ネイティブ・スピーカーと同じだった。

Nairobi Cinemaへ よくMadamと映画を見に行った。
子供たちは? ハウスに残し、大ねーちゃんが妹2人をみていてくれる。
何の心配もせず、任せられた。
映画館は立派で シートは前後互い違いに配置してあり、
極めて見やすい。
Kenyaは 世界で最も早く封切りされると云われた。
「スティング」 この音楽は素敵だったが、後に有名になるとは思ってもいなかった。
「鷲は舞い降りた」
「ナバロンの要塞」。。。。。
Madamは英語に慣れて、話の筋がわかるんだな。
”あの場面では こうだったのよね”。 そうなんだ。

さて、Back to the うかい亭。

大きな花束を りんごちゃんから 貰った。
吾輩の好きな 薔薇があり、Lilyがある。
今日 退職されたのであろう、電車で花束を抱えて、
恥ずかしく、嬉しそうに乗っておられる人を見かける。
”すごいだろう” の 気持ちだね。

皆が揃った写真を撮った。
顔、身体から 活気が溢れている。
若い人たちと共に撮るのは嬉しい事であり、
心が ’しゃんと’ するね。
背筋も“しゃんと”して歩きたいものだね!まだまだ!

ウッシッシ

プロフィール2021

ちゃうじーじ

Author:ちゃうじーじ
活動的でチャーミングなマダームと3人姉妹の『若草物語』に囲まれて、日々の暮らしをエンジョイしているじーじのつぶやきブログです。
お立ち寄りくださった方は、どうぞのんびりとご覧になっていっていただけたら嬉しいです。

*大阪市生まれ。
*年齢:傘寿以上米寿未満
*特技:商社仕込みのビジネス英語
*趣味:マジック、詰将棋、ピアノ、映画鑑賞

Enjoying Blog, FB & Instagram these days.
Enjoyable ways of spending time !
Ability : Expressing thoughts in simple English.
Hobbies : Sleight of hand of cards. Piano practices.
Attempts : Understanding Russian words.

Instagram時々更新中!

Gallery

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アルバム

☆☆