FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2013年10月17日 (木) | 編集 |
天気がよくなったのでマダームとドライブに行ったよ。
昨日は我々の結婚記念日だったようだな。
先月お祝いのランチをしたので、今日は運転手をしてさし上げた。



神代植物園。
昨日は台風のため、閉園だった。

Banana。
背の高い木に重そうになっている。
ベゴニア園。
我が家のgirlsのような花。

そして昼食には天ぷらそばだ。
温かくて美味しい。

クルマの運転はそろそろやめては、とdaughtersは言うが、
これもひとつの楽しみだ。
ハンドルを持たなくても行きたいところに行けるクルマや、前のクルマとの車間距離を測りながら走り、自動で停止するクルマの開発が進んでいる。
昔は携帯電話はもちろん、個人個人のPCだって想像もつかなかったものだ。
思ったところに安全に連れていってくれる自動車、ぜひとも1台購入したいものだな。
マダームの『あっしー』がいつでも思うようにできるぞ。

うっしっし
2012年05月20日 (日) | 編集 |
不思議なご縁と大ねーちゃん。
どんな縁であれ、知り合った人々とは 機会を感謝して
うれしく付き合うのは 楽しいね。

                    

”この人にしておき。 お母ちゃんに免じて。
こんな人 もお いくら待っても現れないよ” とJi-jiの母。

”綿糸布部長の娘さんや。
 何も云う事ない” と父も云う。

姉。 ”Kちゃん。 何 云うてるの? まだ”

妹。 ”一緒に 歩ける人やん! 良い人や”
妹は 出かけて、梅新のバス停で密かに眺めていた。
母は うめだへ出かけ、梅田店で生き生きと働く様子を
見ていた。

上記の話は、
大阪は西区の我が家の一部屋での家族会議の時のものだ。
”分かった。 するよ”  と 私は結婚を決めた!!

一方、西宮の娘さんのお宅。
父親。 ”これに 決めよや”
娘さんは 京都の由緒ある家の話や 数多の話を断っていて、
清水の舞台から飛び降りる気持ちで決めた。
友達の夫たちは、
一流大出、一流企業勤め、ハイソな生活。
しかし、
娘さんは 羨ましいとは思わなかった と云う。

お父さんから 私に電話があった:
「一度 お会いしませんか?!」
うめだの阪神DPのパーラーでお会いした時、
私は云った。
「結婚は 常に美しいバラのようでは有りません。
 つらい時も有る事を 娘さんにお話ししておいて下さい」
偉い人に 臆面もなくえらそうに云ったものだ。

六甲山へ 誘われて行った。
2人分の弁当を作って来られた。
青い池が見えてきた。
「お弁当にしましょうか?」
「もう少し歩いてからにしましょう」 と 私。
歩いていると 山を下っていて、あれ、阪急今津線の線路が見えてきて、
もう、最寄りの駅だ。
弁当を食べずじまい。 娘さんの気持ちを全く酌んでいない。

西宮球場へ阪急主催の野球を見に行った。
敗色濃厚。 しかし9回裏に同点となり、延長戦になる。
中田がセンターへヒットを打ち、サヨナラ勝ち。
’あーあー’ の ふさいだ気持ちが、飛び上がっての喜びの気持ちに変わった。
西宮北口駅は帰りの人で大混雑。
「遅くなるので 帰ります」と駅で別れた。
家まで送っていく気持ちが 出てこなかった。

自分だけの気持ちでの行いばかり。
結婚すれば お互い好きな事をして、自由な時間を持ちましょうと話した。
私は 娘さんを良くしよう、 家庭の為に働こう、 そして
お父さんを悲しませるような事はしないようにと 思ったものだ。  
しかし、奥さんとなって 辛抱の時が続いた事だったろう。

Madamの強い、良い性格は:
過ぎた事は 振り返らない。 
良く、幸せになろうと思う。
成るように 行う。
明るく生きる。 
など。

以上は 初期の1、2コマを記した。
これ以降の心の機微を書く機会が 有るだろう。
掃除、洗濯、食器洗い、、、、これらを私がいくらやっても
長年の苦労はうめ合わせ出来ない。
疲れを感じられた時には、肩たたきをし、
きゅうと冷えたお冷を差し出そう。

ワイフの誕生日の朝に。
HAPPY BIRTHDAY

ウッシッシ

2011年05月20日 (金) | 編集 |
誕生日 おめでとう。
いちご、15、を 5人で +、たすと 20.
 S15.5.20。
一人 4個あてだ。
ママは 子供達に配る数が少なくて、
もっと沢山盛り付けしたかったと悔いていた。
悪かったなー。
やっと今なら ’静岡石垣いちご’を 
沢山きれいに盛ってあげられる!

                         

”可愛いね!”
大ねーちゃんが産まれた時、いつも云っていた。
おんぶひもは使わなかった。 顔が見えないから。
だっこしていたよ。
階段から落ちた時、
パパの飲み薬のアンプルを噛んだ時、 など
父親は何もせず、ママが一人で医者へ走った。
初めての子供だから、何事も全て初めて。
それは 躾けであれ、愛情であれ気持ちを注いだよ。
おおらかな態度は 一貫している。

中ねーちゃんの産湯を畳の部屋でなくて
風呂場でさせたのは大変に申し訳なかった。
寒い時期だったのに、畳が濡れるから、と。
若い父親は大事な事の見極めがつかなかったのだ。
ああ!!  情けない。
中ねーちゃんの歩き始めは 早かったな。
 ”なに!? もう座机の端をつかんで歩いている?!”
ずっと後にママから聞いた事だが、
二階のベランダの縁に跨り遊んでいた。
体が外側へ傾けば どうなる?
足でしっかり縁をはさんでいたか?

小ねーちゃんの時。ママは朝、車で門戸厄神の産院へ行った。
私は 「それでは会社へゆくよ」と 出かけた。
会社に着いた頃 ママから電話が掛かってきた。
 「産まれたよ」 
 「ええー! もう 産まれた?」
楽な誕生だった。
小さい時に 外国はKenyaに行った。
当初は全く分からない英語の世界に入り、
直ぐに(?)順応してくれて 良かった。
MaidのGradisとも親しくしてくれて 異文化に接したね。

近年の冬に 軒につららを見たことが無い。
都会の温度が上がって来ているのだろう。
子供達が小さい頃の冬は 寒かった。
ママは 寒さ、暑さに拘らず 子供達3人を
外へ連れ出してくれた。
 「暗くなる前に 帰って来てね」  4時頃には 暗くなる。
 「はい」
しかし 6時、7時の暗い頃に帰宅となる。
寒さが嫌いな私は ずーと感謝してきた。

                         
さて、
明日ママは 朝3時起きで、 4時に家を出る予定。
立山へ風景撮影だ。
カメラ道具を背負い、三脚を持つ。
千葉のおばさんも驚く重量だ。
 「大丈夫?」
 「大丈夫。
美しい風景を撮り続けて、健康になったよ!」
趣味を楽しみ、
子供達、孫たちに囲まれる燦々としたママでいて!!

続、続々編は いずれ又の機会に。

ウッシッシ

2010年07月30日 (金) | 編集 |

六本木のミッドタウンに隣接している富士フォトにて、母が出展している写真展を見に行ってきました。写団薬師 総合写真展「ときのながれ展」 7月23日(金)~7月29日(木)まで写真はどれも素晴らしいものばかりでした。私もいつか写真の絶景を訪れてみたいと思いました。…六本木まで写真展に 『ほのぼの通り』




R兄ちゃんは バーバちゃんから 写真展の案内を聞いた時、
「これは 是非行かなきゃ!」と云って
鑑賞に行ってくれたんだって。
バーバちゃんはその意気に非常に喜んでいたよ。
日柄も、場所柄も良かったね。

この写真展に選抜されたとの葉書を受け取った時、
バーバちゃんは大変に喜んだよ。
”滑り込みセーフで 選ばれた” と。
展示場で先生に勇気を出して聞くと、
’ちゃんと選ばれていたよ’ との嬉しい答え。
うーん 頑張っているね。

Ji-jiは 26-28日の何れかの日に
ゆっくり行く予定だったが、
大ねーちゃんの友達が行けなくなったとの事で
急遽初日に一緒に行ったよ。
いやー お客さんが多かった。
バーバちゃんの展示写真をバックに写真を撮るのに
ちょっとそこを少し動いて下さいと お願いする始末。

以前に入った蕎麦屋さんへ混まない前に行き、
満足して店を出た。
Ji-jiは新宿へ行く用事があったので
大ねーちゃんと別れた:
 ”ママからメール来てないか、チェックすれば”
 ”いや。 来てないと思う。 いいよ” (いつもの否定が出ている)
 ”私。 夜のおかずに カツを買って帰るね”
 ”では。 Byebye”

私は新宿で用事を済ませて、
大江戸線を青山一丁目で田園都市線に乗り換え
ふと携帯を見ると、
”食事を済ませば 戻って来て”とのMailが入っている。
何か荷物持ちでの助けがいるのか?との思いがよぎり、六本木へと引き返した。

再び 六本木駅のEscalatorを上り
踊り場で前を見ると 
大きな袋を持った大ねーちゃんにばったり。
既に家へ帰っている筈が!?
Nairobi時代の Mrs.Kが来られ、
久々にご挨拶に来ないかとのメールだったのだ
ママと一緒に3人でランチをしたので、
もう私は行く必要がないとの事であった。
あーあ。 
青山一丁目の駅員さんに
乗り越し料金を取られ、
更に引き返し料金も支払う羽目に。

Madamは写真撮影に連れて行って下さる
Mr.Kを私に紹介しようとするんだなと 思ったが、違った。
同姓で混乱して ”お二人に会ったの?”と聞いたりし、
理解するのに 1駅分は掛かった。

まあこのような奇跡の遭遇は
今後再び経験する事は無いだろう。


ところで 小ねーちゃんは 食事の取り方が逆だった。
美味しいDessertを先に食べているから、
ハヤシライスが 普通の味になる。
この埋め合わせに 順序正しく食事をしよう。
いつか行きたいと思っている店で
Beefsteakはどう?!。

なぜ ビーフステーキか って?
この春に みなとみらいのRestaurantにて
フランス料理を食べたんだ。 
出てきたBeafsteakの切り方が斬新で、柔らかくて、美味しい!!
大兄ちゃんがMadamの分も頂いてしまい、
MadamのMaindishが無くなったんだなあ。

できれば店は、Service chargesの15%のところは避けて、
多くても10%のところにして頂戴!


’真夏の昼の正夢’ 長くなった。

ウッシッシ

2010年05月20日 (木) | 編集 |
今日はワイフの誕生日…率直に言うが、記念すべき古希のお祝いだった。
結婚して何年か…長女の年から考えて、もう早半世紀近い!!
金婚式もそう遠くない。


海外への転勤、離れて住む親の介護、娘たちの教育、近所付き合いなどなど
まかせっきりだった。
反省しきり。


感謝の念をこめて、バラの花束を贈ろうと思った…
そうしたら、

「同じバラなら、真紅がいい!」

との声。
駅前の花やさんにも常時置いているわけではないらしく、
取り寄せの注文となった。
大雨の中、受け取りに行き、無事、バースデーパーティー会場のレストランに
持参することができた。


こんな大きな花束、買うたことないわいな。
こっそりカードも買って、御礼の言葉も書いた。
最近、ブログを書くようになって、少し表現できるようになったかと
思ったが…ワイフ宛というのはなかなか難しい。

ご飯だとよんでいるのに、なんでいつまでも来ないの!と怒られたが
実は考えていたのだった…

これでまた何年か…お世話になりましょう。
次は…喜寿か?それならワタシが先やな。
DAUGHTERSも忘れずに集まって、記念日は盛大にやってえな。
費用は…ワタシもちか?いつまでや?


うっしっし