FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2018年10月07日 (日) | 編集 |
久しぶり・・・なのはブログもそうだが、中ねーちゃんのことだ。
中ねーちゃんがHusband とともに久しぶりに帰国してきたのだ。
From Sydney だ。
Daughters や Grandchildren が集まってウェルカムパーティーの始まりだー。
20181008DSC_0778.jpg

やっぱり一番は寿司だな。
まだーむの手料理もよいが、寿司桶はいいぞ。鯉寿司さんの出前だ。
ロシア男子はイクラがお好きのようだ。
もっと  “икра” イクラーを頼んどいたらよかったな!

赤ワインで乾杯!

その後、二人は台風の合間を縫って、宮古島にシュノーケリングに行ってきた。
オーストラリアの海もきれいだと思うが、日本の海に行ってくれてよかったなー。

昨年は私達がAustralia に行ったが、今度は来てくれた。
次はまた、こちらが行く番か。
飛行機はそろそろしんどいな。
行ったらそのまま1ヶ月くらいおったらどうな、と大ねーちゃんは言う。
日本が好きか、横浜が好きか、と聞かれたら、シドニーもいいかもわからんね。
マダームと相談しよう。

 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなります*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2011年11月09日 (水) | 編集 |

・・・私が前から欲しくてやっと買った鳥の餌置きに、
待ちに待ったパロットが2羽、やってきた・・・シドニー ロシアン・ファミリー日記 動物と仲良しな家



中ねーちゃんが 久しぶりに 近況をBlogに書いた。待っていたよ。
姉、弟のGolden Parrot への餌やりの様子を 面白く読んだ。
首周りの紅色がはえる大きな鳥が近寄り、
手の平からついばむなんて 驚きだね。

もう何十年も前、小学1年生の頃、
”動物は 何でも 飼える”と 父親に云われ
(本人は 忘れており、 ”そんな事云ったかなー” と云う)
遠くのKenyaはNairobiへ来てくれた。
そう何でも飼える事は出来ず、ぞう、キリン、ライオン、チータ 等を
身近に見られることで 満足してもらった。 ごめん。

Lion族の Catは 飼う事が出来て、
変遷した想い出を持ったことだろうね。
広い庭を一緒に走り回ったかな? 
餌やり、水替え、寝床作りなど どうしてたのかなー?
今や、 Sydney Catを 入れると Catは3代続くね。

自分の体を動かす Horse ridingをしたね。
広い敷地を廻り、空気は新鮮、高地の心地よい冷気。
馬場を出て、林道を trot で走り、
jacarandaの紫の花が見えてくれば最高だね。
日本に帰国後、 世田谷の馬事公苑でママは乗馬をさせたかったが、
出来なかったなー。  これも ごめん。

中ねーちゃんが使ったつば広のHatが残って居る。
ママと中央高速や 関越道を走るときは、持って行く。
富士の裾野や、八が岳では 重宝にしているよ。
子供が残してくれたものは 思い出も何もかも最高だ!

ウッシッシ
2010年06月01日 (火) | 編集 |
"Welcome to Fujigaoka !"

By addressing the welcome word to her and her darling,
our meeting of Sumi started at the station, who came to
her home place after 5 years' absence, from Australia.
Her elder sister waited for her at the entrance
much earlier than the fixed time.

Sumi made a temporary home-coming for 2 weeks,
to celebrate her mother's 70th birthday.
She became now somewhat a stranger aboutcrowded places,
such as Shibuya, Shinjyuku, supermarkets, department stores, etc.  

During their stay, they visited Kyoto,
taking Shinkansen to enjyoy the outside passing scenery
in bright May on the way to the old city.
After their return from the short trip to her native home here,
they stayed at our house for 5 nights.
How quietly could they sleep on the tatami mats!

One day her sisters gathered for a lunch
with their children at our house.
What a delightful thing happened to me!
The boys played chess cheerfully with him.
The marble chessboard and chessmen given to me
as a gift from my Pakistani friend have not been used for years,
only to act as an ornament in a living board.

On the night before the return to their country, we put them up
in a room on 65th floor at the tallest hotel in Yokohama.
The plan was suggested to make from the desire borne by her two sisters.
We are pleased to know that they could stay in a large room,
to enjoy glittering views at night and wide views on the ocean
during a day .

At the bus terminal on 31st May, her mother and sisters saw them off
together with the daughter of her younger sister.
Nana gave him a box of Chocolate as a gift,
in the hope that he could get his pleasant memories of Japan.

Now they went back to their big country, Australia where they drove
across the continent from Perth to Sydney, around 5,800 kms.
at the end of last year.
We think she could live with a broad mind in the country,
and overcome problems, if any.
Go forward with her students at her schools
in the spirit of advance and your own way!

See you !

2010年05月31日 (月) | 編集 |
日本に一時帰国していた中ねーちゃんとAlexが
ジェットスターで渡豪した。
帰豪した、というべきか?


2週間の滞在…
長いようで短かったなあ。
そのうち、我が家にも5泊した。
普通の3LDKのマンションだが、
なんの違和感もなく宿泊していった。


京都観光、Madamの古希のお祝い会、Alexのお披露目パーティーのほか、
東京証券取引所、浅草、銀座、そして等々力渓谷
などに行った。


小ねーちゃんの家も、大ねーちゃんの家も行ったし、
100均やスーパーマーケットにもお連れした。


ワシは久しぶりに英語を話せて、
おもしろかったぞ。
大ねーちゃんのhusbandをはじめボーイズにまでも
「英語で話してるほうがわかりやすい!」
「話がはっきりしてる!」
「別人!」
などとほめられて私もまんざらでもないぞ。
ほめてへんか?


飛行機の時間もあって、別れはあっさりとしていたが
今度会うのはいつになるのかなあ。
親戚も皆、そう思ったことだろう。
年をとると涙もろくていかんいかん。

今日は、「うっしっし」でなく「しくしく」にしとくか?



2010年05月23日 (日) | 編集 |
よもやと思うことが起きるで。
今日は、Lunchかと思たら、
そのままご宿泊。

My DaughterとそのPartner。

この年になってForeignerを我が家にお泊めするとは!
3LDKのマンションも立派な“民宿”いやいや、“プチホテル”やな。
Madam自慢の手料理つきで。

ざるそばも、
かつおのたたきも、
とんかつも、
なんでもOK。

上手にお箸でお召し上がり。
冷酒も勧めてみたら、これも大丈夫。
今朝はホームメイドbreadもご賞味いただいたぞ。


月曜日から京都観光旅行に出かけるが、
天気が心配だな。
晴れ女のMadamが一緒なら心配ないのに。


外に泊まったらいいが、
たまの里帰り。
遠慮なく実家に泊まったらええのんや。
なんでもかんでも、これが Japanese Custom 言うたらいい。
Culture は mix してこそいい味になるのとちがうか。

今度はいよいよ「お好み焼き」と「たこ焼き」が登場か!?

うっしっし