FC2ブログ

にゃん×2、わん×1

大ねーちゃんは このごろ、Veterinary, 獣医さんのように忙しい。
にゃんにゃん・わんわん!あっちへこっちへ!

それと云うのも、小ねーちゃんは Poodle、プードルを飼い始めた。
生まれたばかりで 毛は茶色、’もこもこ’している (大ねーちゃん曰く)。
小姉ちゃんは 出かける事になったので、大姉ちゃんにSitterを頼んだのだ。
心配なのだ。当然だ。

りんご姫が プードルなら 飼ってもよいと
譲歩したので、飼育が実現したそうだ。
”もこも”が 段々大きくなってゆくとパパと一緒に散歩に行く、筈 だろう。
近所に 公園は 沢山あるね。

そうそう。
毛は くるまっている。
大ねーちゃんが 生まれた時、毛がくるりとしていて少なかった。
”毛は このまま?” Ji-jiは気になって 母親に聞いた。
”直ぐに 直るよ。 気にする事は無いよ” 母親の返事。

中ねーちゃんは 真直ぐだった。
ところで、小ねーちゃんは、 あれ?! 又 くるくるだった。
宝塚温泉の川べりの船上で写した写真がある。
可愛く、微笑んでいる。 
今だ残る小さい時の貴重な写真だ。
もう Ji-jiは 毛を気にしなかった。

さて、 それから
大ねーちゃんは ばーばちゃん、Ji-jiが出かけている家に
Monicaを見に来た。

餌皿の所で ねーちゃんを見上げて、
「Food 下さい」と鳴き声をあげる。
自分の好きな餌を このSitterさんからもらえる事をよく知っている。

Monicaは 沖縄生まれ。
台風銀座で揉まれたからか、性格は温暖だ。
Verandaへ出たい時に 障子紙をひっかいて破ったとしよう。
Ji-jiが 運悪く 見つけて、”ぱん”と 手をたたく。
逃げたりせず その場に ごろんと横になる。
”ごめんなさーい。 閉まっていたのよ”
これでは 怒ったりできないなー。

やっと 大ねーちゃんは 「ただ今」と 我が家に戻ってきた。
ギンガムは 手足を伸ばして安堵感を示すが、
”なぜ 長い事出かけていたの” と 
大変不満な目付きだ。

Ji-jiが 近近行く時、慰めてあげる。
いつか、くるくる模様のギンガムが
”もこも” を 見る時がくるかもしれないよ!



ウッシッシ

雪ー!

Hi
ギンガム

雪が降ってるよ。

今度は きっと白く積もるね。

ベランダから 外へ出たらいけないよ。


IMG00602.jpg

今朝は横浜とは思えないような景色になったよ。

IMG00610_edit0.jpg


IMG00617.jpg


お日さま さん、SUN。 だったね。

ゆき。 すぐに融けて積もらなかった。

ベランダにとけ残った雪に足あとができたか。

犬のように庭駆けまわったあとは

こたつで丸くなろう!

うっしっし

ぎんちゃん2号登場!?

ぎんちゃんに弟がきましたーグレーと黒のフワフワ毛糸で編んだあみぐるみちゃんです~ぎんちゃん2号登場!?『カンパイびより』



銀2号登場。

「ええー! 次、 飼ったのかい?」

”ぎんちゃんに弟が来ました” と 読んだ時、こう思ったよ。
びっくりした。  もう一匹増えるのかー?

ママさんが外から帰ってきた時、
ギンガムは前足を伸ばし、背伸びしてママさんの
体に寄り添って立つ。
大きくなったから 前足の先は ジーンズを通り越し、
セーターの中頃まで届く。
爪は良く切って有るので、穴が開く心配は無い。

ギンガムは この頃は大にーちゃんの 
”社長風革張り、肘掛け付きChair”に横になる。
じーじが 次に行く時、銀2号の ひげの長さや 
横腹の丸い模様(有るかな?)などを
寝転んで伸びたギンガムと見比べてみるのが 楽しみだ。

じーじにも ばーばちゃんが特注して作ってくれた、
”Another One”、 「かくれ Ji-ji」が 有るんだぞ。
二階のベランダへ行く時には
これをギンガムの傍に置いておくと、
心安らかに 安心して行ける事だな。

ウッシッシ

シャボンの泡のにおい・・・

シャボンの泡

ギンガムは 2才になってママを手伝えるようになったのだね。
成長はすばらしい!

ダスキンが出来ない 密かな角などに
前足、後ろ足でシャボンを塗ってあげて、ママさんが 磨く。
”一泡、二清” だね。

洗剤のふた閉忘れでよかった。
ソースの閉め忘れ、
ワインの閉め忘れ、などは困るよ。
流れ物の再利用が難しい。
戸棚の扉の閉め忘れは 要注意。
頭を上げた拍子に目の前を 扉がかすめる事が有る。
 あぶない!

福井県 永平寺の堂閣をめぐる回廊はすばらしい。
修行僧が 杉の廊下を磨きながらも  仏の教えを唱え、覚える。
信仰心の有る観光客も 磨きをする事が出来る。
「天、地、空」の境地に至る。 ¥300の寄進をする。

一辺50m。などの長い廊下は ちょっと避けた方がよい。
足腰は十分鍛えられても、 暫く15分程は 身体曲がったまま。
短い廊下にしよう。

ウッシッシ

甘えん 「棒銀」へ

甘え坊“銀”’こと ぎんがむ くん。



君のお尻から尻尾は 美しく輝き、綺麗だね。
聞くところによると、
ママさんがバス・タブにお湯を張ると
先ず一番に、君が縁(へり)につかまり
温かいお湯を飲み、それから
くるりと空中を一回転して お尻を湯船に浸して飛び出る。
頭は湯の上にあり、濡れない。
僕の十五分の一位の若さだから、軽やかだね。

僕は 大ママさんが 冬は洗面器にお湯を入れて
「どうぞ」と して下さるので、
ぺろぺろと150回位飲むんだ。
湯船の中へは とても入れないよ。
毛が濡れて 重くなるからねー。

Cleanerは どうだい?
あの音は嫌いなんだ。
じーじさんが カーペットのごみを吸い始めだすと、
和室の方へ音も無く逃げ出す。
吸い口にあたると、毛が吸い取られるようだ。

君は小さい箱で ふて寝だって?
違うね。 ママさんが居るから安心して
首を出して安住しておれる。
そして、静かに考えているんだね。
 兄ちゃん達が帰り、姿を現すと、どこに噛み付こうかと。
 足の甲の上辺りが、柔らかくて、かぶりと し易い。
 ちょっとした挨拶だよね。

僕とも仲良くしてよ。
写真交換は良くしているが、会っていない。
今年は夏辺りに Cageに入れてもらって
会いに行こうか!

Santa Monicaより


↓トラックバック元はこちら↓

銀ちゃんはとっても甘えん坊です~オットがいなくなったのがわかっているのかいないのか、BOYSまでこのところ合宿で不在なので、なんだか所在なさげ。お兄ちゃんは?オレの子分は?と言っているのかいないのか・・・いつもはパソコンでゲームしているお兄ちゃんの邪魔をして足にかみついてみたり、ウリちゃんと階段をのぼったり下りたり追いかけっこしたり、あまえんぼうの銀ちゃん

ギンガムは立派なうちに住んでるなあ


 

ぎんちゃんは段ボールが大好き!荷物が届くと中身を出すや否やはいりこんで、箱をかじります・・・おいしいのか、はたまた角がとんがっているのがいやなのか(まさか!)ふたの角っこは“ネズミがかじったチーズ”状態に食われてしまいます。そんなに大好きな段ボール、気に入るとしばらくは寝床になります。はいりこんで丸くなっている様子が可愛いので捨てられずにとっているんだけど・・・ぼくのおうち『横浜ぽれぽれ日記』


わーい。 嬉しい。
ママさんが 2階建ての家を作ってくれた!
兄ちゃん達の2段ベッドの上、下に入って行って
遊んだのを思い出す。

”からすの勝手でしょ”と云うそうだが、からすなど見ますか?
「ねこの勝手でしょう」は 身近に常に見られるところだ。
呼べば 来ない。
呼ばず、知らない時に来る。 勝手なものだ。
ばーばちゃんが休んでいる時に、先輩Moniは膝の上に乗り、降りない。
その為に、夕食の準備が遅れ、じーじは 8時過ぎに食べる目に会う事多々あり。
何も云えないなー。

カートンをかじる。
これは木の色、香りと同じだからだよ。
ブラジルから、木片、チップを運んでくるでしょ。
その木から出来た箱をかじる。
木をかじるのは 歯を研ぐ性分なんだ。
兎に角、ブラジルへ行くのは遠いし、大変。
便利なものだ。

旦那さんは船舶の仕事をするプロだね。
近頃の船は 何十万トンと 大きいね。
大仕事をしてね。
Singapore迄でもいいよ。 
船に乗り、海を見る初めてのCatになるのを
夢見ているよ。

ウッシッシ

ギンガム喋る

キッチンのドアが開いた。
兄ちゃんが帰ってきた。

「ただいま」
’お帰り’
「疲れたよ」
’お疲れさん’

「今の誰の声?」
”誰って ママとギンガムしか居ないでしょ。
 ギンガムが答えたのよ”
いやー。  ママさんは 喋るロボットを買ったのでした。

ギンガム:
ママさんが 長く喋る時は お出かけの時だ。
それで 足にまとわりつく。
だんだん 話してくれることが、分かりだしてきた。

「ミヤー」と 普通は小さい声でたまに鳴く。
床にゴロンしている時に インターホーンが鳴ったとしよう。
ママさんが急いで出る時に、尻尾の先をスリッパで踏む。
「ギィャー」と 飛び起きる。 声が違うのだなー。
尻尾を振るので、 丁度スリッパが下りるところへ
尻尾が行ったのだ。

じーじの話は パターンを覚えるようにしている。
「ぎん。 来たよ!」
背中のくねくね模様をなぜてくれるので、
手の甲を ざらざらと舐ってあげる。
一番のお礼のしぐさだ。
「入れるよ」  ザーと カリカリの音がする。

帰りしなは 話しかけてこない。
「カシャ」と 近くで器械音がする。
それから、
’留守は セコムにおまかせ’ が聞こえる。
姿は無くなり、 音も しなくなる。

月に 一つずつ 人様の言葉を覚えれば、
年に 12にもなるーーー。

ウッシッシ

↓トラックバック元はこちら↓

 

「おなかすいた~」「また出かけちゃうの~?」「お昼寝どこでしようかなー」いつも勝手にセリフを作っては、一人二役している私です。ネコといると赤ちゃん言葉になっちゃう~!ってNORIKOさんは言ってたけど、私は意外とふつう。BOYSはいまだに「ママ、ママ」っていうのにぎんちゃんには「おかあさん」と呼ばせています・・・「おかあさーん、今日はゴハンなあに?」
なんて言ってるの?『横浜ぽれぽれ日記』

地震予知は寝転んで?

ぼく、ギンガムは地震予知ができるのかって?



何じゃ? これは。
両手を挙げて 降参!
ママさんには こんな風(ふう)。
じーじは 見たこと無いと 云っていたよ。

じーじが来れば、悠然と座っている。



餌皿が空よとの様子を見せると、 
ママさんが準備しておいてくれたプラ・ボックスから
かりかりを 加えてくれる。
皿が満たされると それで満足。



フローリングにごろんと横たわっていると
地面からの振動はよく分かるのよ。
手造り木造家屋だ。 
冬はちょっと分かりにくいなー。
毛がふわーと伸びるからね。
ソファーの下に隠れるのは、自然に身についた本性だよ。
四辺が囲まれているよね。

兄ちゃん達が学校へ行っている時は、
どう連絡すればよいのだろう?
そうだ。 ママさんが 小さな ID Cardを作ってくれていた。
いろいろ書いてあったよ。

準備が良い点では、食料、水、電池、。。。など
ママさんは備え万端だ。
いざの時は持つのを忘れない事よ。
じーじーが云ってたよ。 
”リュックサックを背負うのよ”と 普段から云われていたが、
空襲で火の粉が降りかかって来ると 気も動転。
逃げ出すのに精一杯で、折角の物も持ち出せず
焼けてしまった。

ママさんは若い時に阪神大震災の大変な経験をしたね。
大阪から神戸に向かう時、
電車で川を越える度に ひどい様子になっていったって。
駅などでの 炊き出し風景が、温かい雰囲気を
作り出していたって。

ところで、じーじと地震の話をしても
かみ合わないみたい。
「めいし、 これは名刺か。
めいしん、 高速道路か。
めいしん、 また めいしん、 迷信か。
めんしん そうだ 免震建物に住んでいる。
ばねを挿んだ建物では 揺れは分かりにくい?!」


ぎんがむ。

ハイ! ギンガム。

ハイ!
ギンガム。 Good Day。 今日は。

君のくねくね模様は綺麗、 美しい、 立派だね。
じーじがいつも褒めている。
君に会いに行く時は、嬉しそうにしているよ。

前の日には、 ばーばちゃんは Keyをバッグに入れときなさいと
注意しているよ。 しかし 一度出かけたのに
しばらくしてから帰ってきて Keyを 引き出しから取り出して
再度出かけた事があったよ。
駅の改札を出て、ふと無い事に思いついたらしい。

大ねーちゃんの家に着くと、君の写真を携帯で送るそうだが、
この時は 時間が立ちすぎて 大ねーちゃんが変に思ってないかと焦ったそうだよ。 
電車の中で走っても仕方ないことだしね。
良い事には、思わぬ不幸もあると 云う事だ。

バスタブのなみなみとある水を飲むのは、 いやー、沸いた湯かい?
爽快だね。
僕はね、 ばーばーちゃんの風呂あがりに、
洗面器にお湯を入れてもらい、 ごくごくするんだ。
じーじは 水だよ。 甘やかすとイケナイだって。

ところで、大にーちゃんは 「ねこの気持ち」を 読んだのだろう?
学習が足らんのでは?!

大にーちゃんは君をなでたりしないよ。
そっと手を置いてるだけで やさしいよ。
片側をさわっていて、君がくるりと上向いて 反対側に向く時、
すばやく手を引っ込め 君の爪に当たらないように
すればよいのだよ。
いやー、ママさんの首筋に噛み付いたとの情報があるが、
ママさんの姿勢はどんな風だったんかい?
まさか 君が飛び上がったりしたのでは ないだろう。

正月が近づくと 商店街などで 餅つきが行なわれるね。
今年は PTAの会長さんが 学校で 餅つき大会を 
催すプランが実行されるのではないだろうか?
大にーちゃんは 餅つきの杵をかいくぐって
餅をすばやく捏ねる要領を 手につければ どうだ!!

See you.
近くの サンタ・モニカ より。

CATたちとの歴史

大ねーちゃんの家のcat、銀がむ。

銀がむが 朝起きると 各部屋の窓枠を歩く。 
決まったことをしないと落ち着かないのだね。
ママが出かける時は、行ってらっしゃいと
云っているんではないんだよ。
いつ帰ってきてくれるんだろう心配だと
すりすりしているのだ。


じーじが 行くと、たまになのに、覚えてくれていて、
そう、写真にあるようなやさしい率直な目で
’来てくれたか’ と 迎えてくれる。
ボディ・タッチをしてやると
その手の甲を ねむってくれる。 ざらざらと。


子供達が小学生の頃、
動物の宝庫、ケニアはナイロビで3匹の猫を飼った。
可愛かったが、1匹が悪いことをしたので、
どんな悪い事をしたか覚えてないが、壁にこすってしかったことがあった。
我輩が風通しの為 夜中にキッチンの上の小窓を開けていたので、
知らぬ間に そこからか出て行ってしまった。
ああーー。

日本に連れて帰った1匹のジェーンは、
やはり野生の性質を持つのか 活発だった。
欄間に駆け上る、テーブルには上がる、などする。
怒って、タオルを 投げつけた。
ある時など 両手をぱしんと叩いて怒ると、
しばらくは 手が痛かった。  
ああーー。


今の 中ねーちゃんの サンタ・モニカは
沖縄産だからか おとなしい。
「こら!」と云うと 逃げずに、その場に ごろんと 寝転がる。
夕食時 マダムの膝からテーブルに上がり、
人間様の食事を 「ふん ふん」 して、 
二人の真ん中に座る事がある。

我輩は 何も構わず 並んでいる料理を美味しく食べているよ。
”人間変わるものね” と 褒めているのか、
あきれているのか、 マダムの弁。
猫も孫も子供も可愛い。そんなふうな心持ちのこの頃である。

ウッシッシ 



 

09年4月に我が家にやってきたアメショーの「銀河」。2度目の秋を元気に迎えています夜行性なのに朝が早い子で、全員そろって寝坊助なウチのメンバーを起こして回っているようなのですが誰も起きないと「スーパーのビニール袋」をなめ始めます。ザッザッザッザッ…この音がすると起きないわけにはいきません!おいしいのか舌触り?がよいのか、なぜかあちこちのビニール袋をなめるのです。朝6時。・・・ぎんちゃんのこの頃


プロフィール2021

ちゃうじーじ

Author:ちゃうじーじ
活動的でチャーミングなマダームと3人姉妹の『若草物語』に囲まれて、日々の暮らしをエンジョイしているじーじのつぶやきブログです。
お立ち寄りくださった方は、どうぞのんびりとご覧になっていっていただけたら嬉しいです。

*大阪市生まれ。
*年齢:傘寿以上米寿未満
*特技:商社仕込みのビジネス英語
*趣味:マジック、詰将棋、ピアノ、映画鑑賞

Enjoying Blog, FB & Instagram these days.
Enjoyable ways of spending time !
Ability : Expressing thoughts in simple English.
Hobbies : Sleight of hand of cards. Piano practices.
Attempts : Understanding Russian words.

Instagram時々更新中!

Gallery

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アルバム

☆☆