FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2010年12月30日 (木) | 編集 |

 

このところ、クリスマスにはチキンやターキーではなくて実家の「握りずし食べ放題!」パーティーがイベントです!この握りずしってのがすごくって・・・思いつく限りのネタを用意して、シャリを握り、そこに乗せてオーダー制でお召しあがりいただくというプラン。・・・今年も盛大にクリスマス!



盛大なXmas Partyだったね!

大人も子供もスパークリング・ワインで乾杯!
大丈夫だよ。 
大ねーちゃんが ノン・アルコールのビンを持ってきてくれた。
うん。 いける。 いい味だ。

空港から飛行機が飛び上がると直ぐに
アテンダントが飲み物を聞き、運んでくれる。
よく分かっているのだ。
乗客は皆手をたたいて大喜び。
ノン・アルコールでない本物がやっと飲める。

中近東のイスラム諸国ではアルコールはご法度。
ノン・アルコール ビールは一缶は飲めても、二缶は飲めない。
サウディ・アラビア駐在時の一時帰国の機内は嬉しかった。

今回のすしパーティは、大ねーちゃんの考案で
各自が自分の「ねた盛り合わせ」から シャリに乗せ
食べることになった。
小ねーちゃんの一時に片寄る忙しさは無くなるが、
シャリは 小ねーちゃんが握っておく。
いやー。 殆ど同じ大きさの手間の掛かる握りだ。

すし、刺身と云うと、 アフリカは Lagos,Nigeria 駐在員事務所を思い出す。
出張した時、駐在員の Uさんが港の魚市場から魚を仕入れ、
開いて さしみを食べさせてくれた。
思いもしない料理であった。
男性でこんな腕を持つ人は この人しか知らない。
すごいもてなしの仕方だ。

このパーティで 我輩は 趣味のマジックを披露するのを
楽しみに、又 嬉しく思っている。
孫達は 目を輝かせ、ニコニコと見てくれる。
年齢が高くなってきたので、段々と知的な、頭脳を使ってもらう
出し物にしている。
「こうなっているのと違う?」 と云う兄ちゃん達の発言は
大いに役立つ。

この場で 喜ばれた物は、他の場所で 開示しても 成功する。
次回のために 春先から 出し物を考えておこう!

               

今年はfamilyのブログを読み、それから一生懸命自分の原稿を書いて、楽しんだぞ。
知人も、初めての方も、お読みいただきありがとうございました。
2011年も楽しいこと、思い出話を取り混ぜながら
日々をenjoyしていこうと思うぞ。
よろしくお願いいたします。

ウッシッシ