FC2ブログ

庭に出て春を愛でる

春 来る。

大ねーちゃんのガーデンには色々の花が咲き出したのだね。
 ゆきやなぎは 白いから 周りを明るくするね。
 つくし。 誰の子すぎなの子。 若い家庭には
  元気なつくしが生えるのだね。
 ほとけのざ。 「。。。。。、はこべら、ほとけのざ、すずな、。。。。。」
  今頃でも ほとけのざ は 有るのかね?
 オオイヌノフグリ。 おお、難しい名前の花だ。
  ぎんがむは オオイヌは 避けるのでは?

「春は どこから来るかしら?
 あの山越えて、丘越えて、
 光の国から 来るかしら?
 いえいえ そうではありません。
 そーれは、希望の家庭から
 春は来る、来る。 春が来る。
 「今日は」 「今日は」

小学年の頃 歌っていた。
メロディーは 楽しく、歌詞は覚えやすくて歌いやすい。 
最近の歌は 分かり難いなー。 高齢者に優しくないなー。

西宮の仁川に住んでいた時、
春に向かって気候が良くなり出してきた頃に、
Madamは 子供達と共に 我輩を 武庫川の土手へ連れ出してくれた。
よもぎを摘んで 持って帰った。 いい匂い。
よもぎ団子を作ってくれたよ。
今は、川がコンクリートの堤防で囲われているから 
川原へは降りにくいだろうな。

ところで 今年の夏は 関東は暑い、Hotだろう。
庭に ボトルブラッシュ、Bottle brushを植えればどう?
赤が映えるよ!

ウッシッシ

誕生日

誕生日 おめでとう。
S46.3.25
じーじ流の覚え方。
46=喜ぶ。 3+2=5 だよ。

沢山のプレゼント うれしいね。
贈り物をする人は ’気に入ってくれるかな’と
心の中でわくわく思っているものだね。
子供達から ”人生ゲーム”に誘われたが、
大金のプレゼントをしたのではないかな?

今回の地震、津波は凄かったね。
見る方も 悲しくなるね。 同情するしかない。
幸いにも 災難に遭わなかった人々は
明日はわが身と萎縮しておらずに、
経済の活性化に役立つように動こう!

「難」は 向うの方からやってくる。
人生はそう云うものなんだろう。
じーじの事で云うと、
S20年 ”空襲でまる焼け”。 家々が焼けている中を逃げる。
S25年 ”ジェーン(Jane)台風”。 大阪湾の高潮で京町堀の家が床上1m程水浸かり。
     出窓の板の上に座り、水が引くのを待った。
古い話だなー。
子供の時の事だから、つらい思いは無かった。
親は大変だったと思う。 
子供に苦労話をしなかったし、大きくなっても 何も聞かされた事は無い。
自分の時なら 呆然!!だろう。

何か起れば、
「朝が来ない夜は無い」と思い、立ち直るしかない。

さて。
朝起きた時にでも、 ’両ほっぺたを 手でつねる。 さする’といいよ。
ほほが緊張して、顔が明るくなる。
又 ミュージカル映画を見る:
”南太平洋”
”ドレミの歌、 The Sound of Music"
。。。。。   
のようなもの。  
 
しかし 最近このような楽しいものは無いねー。

Mamaなら、こう云うかな?
何か手仕事している時、 料理を作っている、 
アイロン掛けをしている、 などの時、
歌を歌いなさい。
♪すみれの花 咲く頃、 初めて君を知りぬ 。。。。。。

あれ、 宝塚はそれほど好みでなかった?!

ウッシッシ

そのとき吾輩は・・・

都知事の出馬表明会見を見た後、キッチンで食器を洗っていた。
’嫌だな。 頭がふらふらするようだ。
いよいよ MRIを してもらわないといけないか?!’ と
本当に その時思った。
ところが 揺れだし、横揺れがひどくなり 長く続く。
これ 止まるのだろうか? 「横浜沈没」 とならない?!!
ああ 免震構造は 良くゆれる。
我輩は 立っているだけ。 役立たず。
体験したくない 実体験であった。

翌日、大阪の従妹から電話が掛かってきた。
朝8時頃から電話を掛けていたが、やっとつながったと云う。
11日の大地震後、”どうだったのだろうか?” と電話を
掛け続けたがつながらなかったと言う。
大阪でも 揺れを感じたそうだ。

こんな目にあった後だからか、従妹とその家族の話になった時、
悲しいかな、弟君の名前が思い出せなかった。
頭に浮かんだのは 受話器を置いた後であった。

7年1月の阪神・淡路大震災の時には、大阪の阿倍野に住んで居た。
大惨事の後には 物不足が起る。
いつも行く スーパー・マーケットの棚から米が無くなった。
その向かいの米屋に ”米を下さい”と 頼んでも
旦那は 袋詰めをしていても、”ありません” と断る。
買いに来たこともない客には、冷たいものだ。

落ち着いて 物が出回るようになって、
お米は 近所の’米籐’さんから買うようにもした。
購入ルートを 別にも持つようにして慌てて困らないようにしたものだ。

平成も二桁の年代になった。
今回は場所的にはかなり離れているが・・・他人事という感じではないな。
吾輩にせめてできることは、と考えながらブログを休んでいたが、
また折々書こうと思うよ。

たまって嬉しいものもあるけれどな

録画はたまる。
そうだね。 見る時間がない。
「ちょっと早送り」機能で見れば・・・?

DVDから、 Web free storageへ保存すればどうか?!
’泣く,泣く’ は 無くなり、
’にこ にこ’ の別れになり Happyだよ。

E-mailの受信も貯まるね。
「この買い物は いかが!」
「旅行 プラス やすらぎの宿や」
「これからの 経済動向」
・・・・・・・・
などのメールは 
後ほど必要な時に 見ようと残しておくと、 
受信トレイに 「100いくら」 の数字が直ぐに現れる。

送信済み、や 削除済みなどの
メール数も整理を怠ると 膨大(?)な行になり、
’IT技術は すばらしいね’ と
感嘆の方角に向かうことになる。

出張や 旅行をすると
新聞が貯まる。
我輩は Madamに 「残しておいてくださーい」と お願いするが、
読むのに、 いや 目を通すのに時間が掛かる。
Madamは 知らぬ間に捨てたりせず、残しておいてくれた。

海外の長期出張時や 単身赴任時に家族が航空郵便をくれた。
封筒には ペンで 英文字宛名が書いてあるが、
この花文字が 明るいんだなー!!
Madamは ’思ったことを率直に書く’ 主義だから
2-3枚の用紙は 5分位で 書き上げる。

今は 増えることがないので、貯まらないが、
カートンボックスに残る手紙は 捨てられない。

ウッシッシ

やっとここまで!

大ねーちゃんは課題作成に集中してやっとここまで!
指を動かすのはいいね。
年をとると 朝 指が固まっているのが分かる。
頭に血を行かすと共に、 両手の指を組んで
ほぐす事が必要になるよ。

           

”Nice shot. Lionの軌道だ!” と
褒められた事が 一度あったが、 二度とはなかった。
原因は分かっている。
ボールをしっかりと打つ前に、飛ぶ軌跡を画いて 
もう眼は前方を向いている。

Boobyになろうが、 ブービー・メーカーになろうが
Nairobi日本人会の月一度のGolf compe. に参加した。
ある時は Men's teeの前に深い崖があり
それを越えないといけないが、3度打っても前の土手に当るばかりで
越えられず Give up.

知らない間に 楽しい試練の参加が何十回と続いていた。
帰国前のコンペで、突然表彰を受け、Putterを頂いた。 立派な物だった。

           

さて、大兄ちゃんは 将棋3段。 すばらしい。
碁も有段者。
そのママが、じーじもやってみればと ’将棋世界’を
贈ってくれて 検定コースに応募した。
それは 初めは尻込みしたよ。 ”Oh, No. No.” だった。

一級になるまで、10ヶ月掛かった。
今 初段に手がとどくところ。
「やっとここまで」 の感。
云うまでもないが、 将棋の質は兄ちゃんの域には
達してないなー。

ウッシッシ

弁当は開ける時が楽しみやな。

チョココねえさんは弁当のBookを買ったんだね。

兄ちゃん と りんご嬢に 弁当を作っているんだね。
朝早くから。
幼稚園児用のように飾ったりしないんだろう。
良くて、 三色そばぼーろ位だろうか?

頭の活動には、甘いものが要るんだね。
そして、蛋白も重要だが、
野菜を食べるのを忘れがち。
しいたけ
まいたけ
えのき
ほうれん草
’鎌倉’もやし
など、など。   
これらは 昼の弁当のおかずになる? 
夕食の食材か、 な?

           

りんご嬢のママやおばちゃん達が 小学生の頃
ケニアのサファリ・パークのLodgeに泊まった翌日に
ホテルで ランチ・ボックスを作ってもらった。
昼に 立派な大きなボックスを開けるのが楽しみだったよ。

足を伸ばして 約500km 先の港町、モンバサ Mombasa へ行く。
この町での楽しみは、 透きとおった海原、白砂の海辺、ばかりでなく
イセエビ、Lobster を食べる事である。
いけすに入れてあるロブスターの300g。 500g。などを
指差し、取り出してもらって、
ばーばちゃんは バター焼き、
じーじは テルミドール などにしてもらい いただく。
美味しくて 満足。

           

焼いて良しの自然なロブスターの食べ方なども 又したいが。
遠いなー。
では、 銀座の ’大納言’ は 近いか。

ウッシッシ

Mont BlancといえばAlpsやろ?

自由が丘といえばモンブランなんだそうな。

ママさんランチを自由が丘でする!
気の置けない、Friendlyな人達との会話は楽しい事だ。
ワインを含むフリー・ドリンク付きは良い。
その後 モンブランでクッキーを購入するんだね。

じーじは モンブランと云うと
中に栗が入った背の高いケーキを思うね。
これは秋しか販売されないから、売り時期を注意する必要がある。
果物では 干し柿とか 干しバナナがいいな。

           

ある時の出張の帰国時、Londonから東京へLufthansaの
南周り便に乗った事があった。 
Londonを立つと、ドイツのFrankfurtに着く。 この間Lunchが出る。
Frankfurtを出ると雪を抱くアルプス山脈が見える。
暫らくじっと見つめる。
Mont Blanc, Matterhorn, Jungfrauなどが連なる。

Dinnerが出て、Karachiへ飛行する。
この間 Saudi Arabia上空を夜通過するが、
国土は光の帯が連なり、煌々としている。
持てる国だなと 感心しきりだ。

KarachiからBangkokへ、 そこからHongkongへ。
乗客が変わる毎に 食事が供される。
出るは、出るはの感じだった。
Stewardessとは 顔なじみになった。

到着空港では Transit roomで 体を動かした。
’代謝’するどころでなかった。
Dachshund, いや、 北京Duckは満腹以上に
食べさせられているのだね。

           

楽しい空の思い出だ。
もう南周り線は無くなった。

ウッシッシ

プロフィール2021

ちゃうじーじ

Author:ちゃうじーじ
活動的でチャーミングなマダームと3人姉妹の『若草物語』に囲まれて、日々の暮らしをエンジョイしているじーじのつぶやきブログです。
お立ち寄りくださった方は、どうぞのんびりとご覧になっていっていただけたら嬉しいです。

*大阪市生まれ。
*年齢:傘寿以上米寿未満
*特技:商社仕込みのビジネス英語
*趣味:マジック、詰将棋、ピアノ、映画鑑賞

Enjoying Blog, FB & Instagram these days.
Enjoyable ways of spending time !
Ability : Expressing thoughts in simple English.
Hobbies : Sleight of hand of cards. Piano practices.
Attempts : Understanding Russian words.

Instagram時々更新中!

Gallery

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アルバム

☆☆