FC2ブログ

誕生日

孫boy Rくんの誕生日。

R君。 君も背が高く大きくなったね。
皿の料理をさらえて、食べるようになった。
以前には、 ”もうお腹一杯” と云って
手を横に振ったりしたが。
まあ、靴も大きいことだなー。

Presentは 欲しい物を知ってもらっているから
貰うと はずれが無くて 嬉しいね。
唐辛子。  口を刺激して 暑い時候の頃は重宝するね。
 キムチ好きだね。 ママは この冬に白菜を植えるそうだとか。
身だしなみ品。  男性も香水Sprayが 必携になりだしたんだね。
 後を歩く人に そこはかとなき香りを漂わせること、 これは
 現代の Etiquetteか!
Koala. むむ。 これは 焼きCrackerか?  それとも
 ユーカリ・エッセンス入りの Jelly?
現金は使用自由だから、便利な贈り物だね。

Ji-jiが今のR君より若い時、 
500円硬貨(有ったか?)を握って
散髪屋さんに行くのが楽しみだった。
頭を洗ってもらう。
顔を剃ってもらう、 そっと当る感じ。

心地よくてうとうとして、
頭を真っ直ぐにしてと、手で直された。
プロは 違うなーと 感じた。
 R君は 学生さん。 それじゃ
 勉強のプロだな!! 

ウッシッシ

近所の花

大ねーちゃんの5時起き。

せめて五時半にすればどう?!
夜は十時に寝れば、睡眠は足りて十分だろう。

年寄りになると、早起きになるとは違うようだ。
時計のベルを八時に鳴らさないと起きられないなー。
この時計の置き場所がちがうのだ:
Ji-jiは 左手の手元に置く。 直ぐにベルをStopできる。
Madamは 少し離れた本立ての上に置く。 
鳴ると起き上がって時計を取らないといけない。

大ねーちゃんの近所は紫陽花がきれいだね。
花で想い出があるのは、9年前に旅行をした
New Zealandの Christ Churchだ・・・
地震国のこの場所で不幸な出来事が起った所。
小川に沿った小道を歩く。
その川向こうに家が並び、庭には花や木が一杯。
心落ち着き、晴れやかな気持ちになる。

花には常に気配りが要る:
「散水した?」  とMadam
 ’一昨日、おととい、したよ。
 今日は曇っているので、していない’  Ji-ji
「すぐして! 水遣りは毎日だよ!」
 ’はーい。 あれ、 葉が下向いている’
人知れずマメに手をかけてこその美しさなのだなあ。

ウッシッシ

飾りものか?

ユーハイム、Juchheimの ケーキ

何じゃ? これは。
これは食べられず、 美しくて飾っておくものか?
洋ナシの蔭から ちょっと覗いている。
靴が載ったケーキ。
小鳥や白馬。 このカーブはどのように作るのか?
パティシェは 創作に面白いだろうね。


この時期 我輩は
寒天と ところ天を作ってみよう。
十分冷やした上に、
黒砂糖のとろりとした蜜や
アーモンドきな粉をたっぷりとかける。

りんご姫は 調理実習でMini burgerなど
作るんだね。
Ji-jiは次には Madamが使う小Cupを借りて
Puddingを実作してみよう。
きめ細かい生地になるか?!

ウッシッシ

嵐!

嵐は過ぎたか?

りんご姫が 好きな音楽に熱中する事は いい事だね。
音楽に体を会わせ、手を上げて打ち叩く。
Ji-jiには歌詞が分からない時もある。 これが
現代の歌なんだね。

”嵐は過ぎた?” で思い出すのは、
「鷲は舞い降りた」ーーEagle has landed というイギリス映画だ。
第二次世界大戦中 ドイツ特殊部隊が
チャーチル首相を誘拐する冒険映画。
Nairobiで見たが、面白かったよ。
映画の封切りは 世界中で一番早いと云われていた。
広い座り心地の良い映画館で、多くを楽しんだ。

音楽で困ることがある。
Madamが、’作曲家で誰が一番好き?’ と聞くことだ。
Tchaikovsky   ”眠りの森の美女”
Mendelssohn   ”Violin 協奏曲”
Chopin   ”華麗なる大円舞曲”
Schubert    ”未完成交響曲”
Mozart   ”弦楽セレナーデ”
等々 好きだね。
「一人だけ挙げれば」 と 迫られる。
’Johan Straussかな’ と答える事にしている。

”ウイーンの森の物語”
”南国のバラ”
”春の声”
”美しく青きドナウ” などの円舞曲は
楽しいね。 
”美しく青きドナウ”は 当初不評だったそうだね。
ウイン少年合唱団用の歌唱曲に 書き換えられたとか。
同時代に認められない事がある。
今は 映画 ”2001年宇宙の旅”に使われたりして、
もてはやされる。

“嵐”でも“ABC”でも“KKK”でもなんでも、
良い歌を見つけておいて。
ずっと後年にも長く歌われることがあり、 
選択が良かったことが 示されるよ。

ウッシッシ

庭も手入れせんとな。

庭の手入れ

「我が家の庭の 芝生はみどり」 Truly greenだ。
ギンガムは カーテンとガラス戸の間に入り、
庭師さんの芝刈りをじっと見つめていたよ。
芝の上で寝転び、ぐるっと回転して
手足は上向け、
背中を芝につける感触は 素敵だろうなー。

ママさん。 何云ってるんですか?
ねこの額? 
私、ギンガムには良い広さだよ。
吾が先輩、JaneやFattyは 何百坪の庭を走ったり、
木に登ったりしていたそうだが、
それは 生まれから慣れているからだよ。

Ji-jiが30才頃に 初めてカナダは西岸の
Vancouverへ下りた時、驚いたなーー。
町の家々の前には広い芝生の庭があり、
垣根は無くて 玄関ドアはずっと先にある。
庭が家より広いとは。 
辻に立つトーテムポールも大きかった。

小ねーちゃんのところのR君は
Canada旅行から帰って来て、ママに云ったそうだね。
「給料が入れば、庭付きの家を買ってあげる」
見聞は大事だ。
大ねちゃんの息子達は、話しているそうだね。
「良く働いて稼ぎ、楽させてあげる」
ーー大阪商人の生きが入っている?

前途は広大で、明るいことだ!

ウッシッシ

銀座のお楽しみ!

銀座の楽しみ

プランタンの二階に在るレストラン、
サロン・ド・アンジェリーナでのランチ。
Madamと待ち合わせていると
趣味の教室を終えた大ねーちゃんがやって来た。

窓は全面大型のガラス張り。
街行く人々が目に入り、高架をJR車両が往き来する。
このような動きを見ていると、食事の食欲に良い効果をもたらす。

Saudi Arabiaはジェダ、Jeddahにも
プランタン、Printempsがあった。
我輩は プリンテンプス と読んでいた。
これが プランタンとは 後に知った。

ビル内は明るく、清潔。
エア・コンは完備で、ほのかに甘美な匂いが漂う。
日没後は サウジ人などで華やか。
ヨーロッパからの最新商品が飾られているが、
私にはよく分からなかった。
家族への買い物として これは どうだろうかと、
ディオール, サンローラン、シャネル、ランコム、ジパンシー、などの
化粧品、Scarf, Bag等を 眺め歩き、楽しんだ。

ところで、 大ねーちゃんの家には 
「ギンガム チェック」 があるんだね。  
手、 いや 前足(?)を 出して 
ギンガムが商品の検査してくれる。
良い助手が居るから
品物の購入は安心だ。

ウッシッシ

Three Bellsの カレー・ライス

カレーライスの思い出・・・

Three Bellsの カレー・ライスを良く覚えていてくれて有り難う。
懐かしい気持ちだね。
www.の Nairobi Restaurantsの中に
 Three Bells (Curry) と 
有ったから まだ 有るようだね。

Ji-jiの カレー・ライスは、
夏の甲子園のカレー・ライスが源だろう。
小さい時に覚えた味は 何かの時に
食べたくなるね。

Curryについては 2つ想い出がある:

東アフリカの窓と云われたKenyaの東方
インド洋に浮かぶセイシェル、Seychellesの
車販売代理店でインド・カレーをご馳走になった。
色々の豆をひいて、カレーを作る。
本物のカレーは このように時間を掛けて作るのだなと
思った。
手で食べたよ。

西アフリカのGhanaでは
Chicken Curry and Riceを頂いた。
私は ナイフ、フォークなどを使った。
ふと 主人方の皿を見ると、 骨が二本並んでいるのみで
お皿はピカピカ。 
このように 何も残さずに美味しいCurryは食べるものだなと
思った。

Madamは Curryを片手間に作らない。
たまねぎを炒める。
にんじん、ポテトを煮る。
牛肉は カレー用に吟味する。
水、調味料で煮込む。 手間が掛かる。
。。。。。
そうだ。 まだ タイ米が有った。 ’美奨励’ だ。
週末に カレーをお願いしよう。

ウッシッシ

Sweets の garden?

SWEETS Garden

りんご姫ちゃん。 ありがとう。
ルーフ・ガーデンの一坪を
Ji-ji用に譲ってくれて
Strawberryを栽培してくれるんだね。
赤い小粒いちごが採れる時が楽しみだ!

バーバちゃんが 写真仲間の人から自作の
いちごジャムを貰ってきた。
びんの中全てが いちごで
ジュウスは赤いイチゴ色。
甘い味が丁度よかった。

果物の皮を利用して、
グレープ・フルーツ、 レモン、 オレンジ、 などの
ジャムを作った。
パンにいちごの粒をのせて食べる、
そのいちごジャムを作りたかった!

パティシエアジキ、安食さん のような美味プチ・ケーキを
姫は オーブンで創るんだね。
いちごが要る時は
摘み立てを分けてあげるよ。

ウッシッシ

映画“Unstoppable”を見た

Unstoppable”アンストッパブル” をBoysの高校へ見に行った。
とても良かったよ。
後ろの席に座った女子学生達は
”面白かった”と 云っていた。
暴走貨物列車がやっと止まった時には
わーと 歓声を上げた。

友の会の席は 前から 9-10列目に
椅子にカバーを掛けて 決めてあった。
近すぎないかなと思ったが、
巨大すぎるほどの画面でなくて 良かった。
メモリアルホールは 学生達で一杯であったよ。

ブレーキ・パイプを連結していないのを
後でつなぐとしたり、
機関士がブレーキを掛けて降りたのが、
動き出し、無人で暴走しだす前段階がある。

セットしたSlow前進レバーが 力走位置に
自然に変わり、爆走する。
これを停めようとする司令室。
これを見て、今の原発のコントロール室を思い浮かんだが、
タイミングが良かった。

別の貨物車両を引っ張る機関士と車掌が
機関車だけで同じ線路上を逆走して
暴走列車に追いつきブレーキを掛けて停めようとする。
その間 二人の家族の話も挿入される。

アメリカ映画は 実際の様に見えて大変に面白い。
撮影にモデルも使っていると思うが。
又 映画は見たいね。

ところで、青葉台からのバスは待たずに14:50に乗り、乗客は10人程。
楽だね。 半数が途中で降りた。
帰りはのんびりと歩いたが、1時間ほど掛かった。
暑いとき、寒い時は 出来ないなー。

我が家から一番近い映画館だな。
DVD流行りだが、大きなスクリーンはやっぱり格別だね。

うっしっし

プロフィール2021

ちゃうじーじ

Author:ちゃうじーじ
活動的でチャーミングなマダームと3人姉妹の『若草物語』に囲まれて、日々の暮らしをエンジョイしているじーじのつぶやきブログです。
お立ち寄りくださった方は、どうぞのんびりとご覧になっていっていただけたら嬉しいです。

*大阪市生まれ。
*年齢:傘寿以上米寿未満
*特技:商社仕込みのビジネス英語
*趣味:マジック、詰将棋、ピアノ、映画鑑賞

Enjoying Blog, FB & Instagram these days.
Enjoyable ways of spending time !
Ability : Expressing thoughts in simple English.
Hobbies : Sleight of hand of cards. Piano practices.
Attempts : Understanding Russian words.

Instagram時々更新中!

Gallery

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アルバム

☆☆