FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2011年12月07日 (水) | 編集 |
小ねーちゃんは
今は成長した年代の家族のマンガ本を見つけたそうだ、
それを参考にするとは 感心!
我輩が 65才以前には 考えられなかった事だ。

100人寄れば、それだけの考えがあるだろうが、
我輩は 三つ書いておく:

1. 夫婦は 他人だ。
「会うときは いつも他人」と云う映画があるが、
この気持ちが大切だ。

他人だと思うと、 
ちょっとした事で 怒ったり、
ぞんざいな言葉を使ったりはしない。

相手の気持ちが分かるなんて、
「マドンナの微笑み」のように、永遠のなぞで、
どうなのか?と 推測するぐらいだ。
それで、 間を置くのだ。

2. 大そうな事は いらない。 
こんな短い言葉を発する事を 我輩は長年出来なかった。

お早う。
お休み。

いただきます (神への感謝も表わす)
ごちそうさま。

行ってらっしゃい (パパへ家族皆でしていたね)
お帰り。

ありがとう。

相手への思い遣り、感謝の気持ちを持とう。

3.  天上の神は、 
苦しい事、楽しい事が有るのが 人生と されておられる。

”明るく時を過ごして、 幸せになろう” の気構えを持つ。
これは Madamの いき方だ。

言うは易し行うは・・・やけどな。

ウッシッシ