FC2ブログ

シンガポールZOOは大人にも楽しいね

シンガポールZOOでは
ライオン、チータ、ヒョー、ピューマ 等肉食動物はもちろんシマウマ、キリン、象など様々な種類を見られるが、
園内で自然な見方だな。
動物園が広く、ゆったりしているからだ。

jiji20180831-1_20180831101421855.jpg
イノブタだ!
jiji20180831-2_20180831101423e30.jpg
象はショーのあとだったんだね。


子供心には、動物園の動物は閉じ込められていて可哀そうと思うね。
しかし、大人になると 安全で良いのではと思いが変わるね。 

そうだね。 平原では 200m. 7秒で走るチーターに追いかけられる危険があり、
逃げ切れるものでない。

ナイロビ動物孤児院、Nairobi Animal Orphanage, では
傷ついたライオン、ヒョー、チータ、等を手当てして、
治れば荒野、サバンナへ返されておられてる。
治療する人達が動物と別れる時には、
自然の状態に戻ってくれるだろうかと 心配すると云う。 

放っておくか、手当てしてやるか 葛藤される事だろうね。

いつか アフリカのサファリへ行ければいいね。
先ず キリマンジャロ山の裾野にあるケニアの
アンボセリ・国立公園、Amboseli National Park, を訪れるのはどうか。
400k㎡、四国の1/4の広さに 象、ライオン、シマウマ、バッファロウ、キリン等が悠然と生活しており、
こちら 人間がお会いさせて頂くと、楽な気持ちで接する事が出来るぞ。

出張者が来れば必ずのようにお連れしたので、何度行ったことか。
懐かしいことだな。

 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなります*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

「リバーサファリ」とは興味深いね!


「リバーサファリ」とは 行きたい所だね。
大河をテーマにして広大な熱帯雨林を進むのか。
先ずは、The Mississippi  へだな。
エムアイエス エスアイエス エスアイピッピッアイ と覚えたものだ。
大河を行く昔の蒸気船は知れども、
遥か日本から訪れる事はないのが普通だなー。

マリー リバー。 オーストラリアに大河が有るとは知らなかったよ。 
大いに利用出来るのでは。

メコン川が 出た! 
カンボジアへ行く前に見ておけば良かったか?!
大魚がいるんだね。、河魚料理はどうだった?

長江周辺の生息と云うことで パンダを見れたとは Lucky !
そんなに近くではっきりと写真が撮れるとは、行った甲斐があるね。

そうそう、ナイル川と云えば アフリカはウガンダのナイルの源泉を見に行ったね。
草むらにワニが寝そべっており、
岸辺をカバが走っていた。 
あまりの数に“つくだに”のように居ると云った人がいたな。

さて 広大な別地域での アマゾン・リバー探検ボート乗船は
面白い催しだね。 出てくる動物の中に 愉快なカピパラは 居た?

jiji20180830-1.jpg


Singa. 在住で旅エイジェント自称の大事なおとーちゃんが
詳しい見学場所案内リストを親切に作ってくれる!
断らずに作ってもらえばよかったのに。
自分の思いと同じか、違っているか 比べると面白かっただろうね。
住んでいる人はなかなか行けない所があるね。
先に行けて大ねーちゃんが楽しめたのは 良かった!

 うっしっし 

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

世界遺産の植物園


大ねーちゃんのシンガポール紀行録が始まったぞ。
2018年夏の旅行はシンガポール植物園からスタートしたんだな。
これがシンガポール唯一、世界文化遺産登録されているんだね!

巨大な植物園で、木々や花々が茂り
森林浴が出来るのだね。
綺麗な広々とした芝生広場は
眼も休まるではないか。

鳩やリすなどの動物に気軽に近づけて、しかも入場は無料。
住民にはありがたい広場だね。

jiji20180829-1.jpg

jiji20180829-2.jpg

日本にはこのような世界遺産はいくつあるだろうか?
文化遺産が18、自然遺産が4つもあるんだね。

うーん。 山陰は島根県の足立美術館の庭園はどうなのか?
毎朝 砂はふるいにかけ、庭は眺めて瞬時に落ち葉は取り除くと云う。
借景としていた山は買い取ったのだね。
海外からの旅行者には 島根県の温泉巡りもしてもらい、
先ずはフアンを増やして 遺産登録の後押しの力となってもらおう!

いやもう既に「日本庭園ランキング」15年連続日本一、
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン最高評価三つ星を獲得!
こりゃ早く見に行かないといけないね。
シンガポールよりだいぶん近いからいいね。


 うっしっし 

*画像はクリックすると大きくなります*

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

続・Hobby のこと

昨日はピアノのレッスンだった。
暑い日だったが、私は暑さよりも寒さの方が苦手なので、平気だ。
だからアフリカ勤務もサウジアラビア勤務も喜んで行った。
これが北欧だったりしたら・・・断っていたかもしれないぞ?

マジックのことだが、駐在先でやっていたことを書いたが、
帰国後、Familyの集まりで誕生日会やクリスマス会をすると
最後のエンターテインメントは“マジックショー”が恒例だった。

リクエストはいつも
“卵の花吹雪” 
“コインの通り抜け”
などなど・・・
生卵が黄色い花吹雪となって舞い散る!
日ごろの怠らない練習の成果を発表したぞ。

jijiblog20180828.jpg

しばらく前の写真だな。。。
道具はたくさんあるのだが・・・孫々のだれか、マジックやらないかな?
パーティーによばれて活躍できるぞ?!

 うっしっし 


ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ピアノのレッスン

Hobby といえば、長い間、テーブルマジックをしていた。
カードを裏返して当てたりするものや、選んだカードをナイフで刺して当てるものから、
封筒にお札をいれて火をつけるもちゃんと出てくるというもの、
生卵を混ぜてひっくり返すと花吹雪がでるもの、などもやった。
ナイロビ駐在中は、新年会や誕生日会などに招かれて、披露する機会が多かった。
孫sの誕生日やクリスマスなどに、いくつか準備しておき、びっくりさせるのは楽しいものだった。
手元を見に来る悪い(賢い?)孫もいたな。

元々は、学生時代にYMCAで習った。その後は自己流で練習を重ね、退職後は、地域のサークルやカルチャーセンターに参加していたが、しばらく前にやめてしまった。

今、習っているのはピアノだ。
マジックができるならピアノも向いているだろうとfamilyに言われたのだ。
音楽はクラシック、吹奏楽、映画音楽、何でも好きだ。
『トルコ行進曲』や『乙女の祈り』がいつか弾きたい。
と思いながら、毎日欠かさず18時から15分練習している。
マダームは「毎日でなくてもいいから30分やった方がいい」と言うがそうだろうか?
確かに、なかなか両手でうまく合わせられないのだが・・・

2018-jijipiano2.jpg

2018-jijipiano1.jpg

2018-jijipiano4.jpg

2018-jijipiano3.jpg

しかも、冬季は寒くて風邪をひくのがいやなので、レッスンをお休みさせてもらっている。
きわめて自由な習い事スタイルだ。
今日はレッスン日なので、少し長めに練習するとしよう。
いや、行く前に疲れるといけないからやはりいつも通りにしようか。

画像はクリックすると大きくなるようにしたぞ!
 うっしっし 

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

残り時間でプレ・ループへ。

フライトの時間に間に合うぎりぎりまで、ガイド氏が案内をしてくれたんだね。
最後の最後に行ったのはプレ・ループという遺跡だ。
jiji20180826.jpg


jiji20180826.jpg
これも味わい深い。

この日行った Rom Chong Angkor というレストラン。
評価は来る人により、色々あるが、興味を持ち、好意を抱けば、
特別に高くなく、美味しい、
ビールは冷えている
田園風景に囲まれている、
となる。ポジティブ思考だね。

この観光旅行の時に、
手荷物は体の前に持つ、
むやみに話しかけられない、
人込みは避ける、など
旅行者として 注意していた事だろう。
しかし、そんなことを意識しないほど治安の良さが際立っていたようだ。
そして良い日本語ガイドを見つけた事が
滞在の初めから終わりまで良かった事ではないか。

一点、サンライズやサンセットの写真が撮れなかったのは残念だな。
又の機会がある。
雨期だったから、そんなに混んでいなかった、スムーズに回れた、という良さもあった。

晴れているのに、突然の豪雨にあったとうのも良いチャンスだった。
話しに聞くが、どんな豪雨か経験したではないか。

大ねーちゃんと夫君の充実した滞在。良かったね。
カンボジアの遺跡は アンコールワットと見聞きし、
これしか知らなかったが、終わりなく多くあるのだな。
又 トンレサップ湖が海のように広い、アジアで一の湖とは!
現地見聞録楽しんだよ。

チュムリアップ リア (さようなら)

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

彫刻も人の心も細やかだな

アンコール遺跡群にはまだまだ行く所がある。
バンテアイ・スレイへ行ったんだな

jiji20180825.jpg


彫が細かく精巧な彫刻。
どれだけの人が、何年掛けて彫ったのだろう?
毎日の生活はどうだったのか 分かれば面白い発見だろうね。

内戦国の人達が立ち直って豊かになって行く。
近隣の国々にとっても、とても良い状態だ。

仏教国のおおらかな心情を持って、
更に観光客を受け入れ「ぜに」を落としてもらおう。

 うっしっし 

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

贈り物は花がいいんだな

空輸で届いた花は美しいね!
大ねーちゃんの誕生日にと、NYにいる夫君から花が届いたそうだ。
空輸といえばその昔、ナイロビから羽田へJANEを空輸したぞ。
JANEというのは、家で飼っていた猫だ。
まだ2才くらいだったジェーンを送るのは心配だったが、動物を送るのには慣れている国だと思い、信じて任せた。
その後ジェーンは日本で18年の天寿を全うした・・・

なになに?
発送元は「横浜市青葉区・・・」
そうか、日本でインターネットショッピングをするのと同じように、日本のサイトにアクセスして注文すればいいのか。
そして配達日を指定すれば、遠く離れていてもちゃんと届けてもらえるんだね。

jijiblog20180824.jpg

実に名案だ。
これで、「あ、忘れてた!」ということがなくなるね。
注文したことを忘れてもう一度買いに走る、ということがあるかもしれないが・・・



 うっしっし 

ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

トンレサップ湖と雨季

トンレサップ湖は広い湖だ。tonle=川、sap=湖 という意味だそうだ。
大ねーちゃんたちのカンボディア旅行はいよいよトンレサップ湖クルーズだ。
大きな湖は夕景もよいが昼間も楽しめるね。
広大な水平線が前方に広がりを見せ、海ではないか?!と思う。
不安な気持ちになるね。
大丈夫かなと ライフジャケットを付けたくなった筈だ。
ワニの養殖場もあるんだな。

水上生活を 身近に初めて見たり、
マングロープの林近くを漕ぎ行くなど、良い体験だ。
なに?操縦を変わってもらったのか!
船舶免許のいるプレジャーボートとはまたちがったスリルがあっただろうね。

jijiblog20180823.jpg

おや、すれちがった船に犬が乗っていたんだね。

カンボディアでは雨季に雨が降るおかげで広い肥沃な土地が生まれる。
だから、美味しいコメ作りができるんだな。
日本での大雨は、もうたくさん、といいたいところだね。

 うっしっし 
ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

観光客と外国語にヒトコト

プノンペンからシェムリアップへ戻ってきて
カンボジア最後の夜は パブ・ストリートの
“レッド ピアノ“ 2階席で料理をいただいたんだね。

jijiblog20180822-1.jpg


味はなかなかで飲み物の種類も多く、満喫出来たとか。
店員の感じが良く、夜の雰囲気に浸れて良かったね。
観光都市で働く人々は 訪問客に良い印象を持って
帰ってもらうように努力するのだね。

カンボジアの観光客では ヨーロッパ人が多く見受けられるようだが、
当然中国人も多く散見されるだろうね。
これまでは東洋人を見れば日本人と思っておれば
間違いなかったが、徐々に、いや既に中国人が圧倒的多数になっている。
観光地では、従業員は即座に「ありがとうございます。」「謝謝」「カムサハムニダ」を使い分けるのだそうだ!
そして、「22.5ドルです」などと金額も日本語で言うのだそうだ。
トゥクトゥクの運転手さんまでもが!
そして大ねーちゃんたちは日本人以外と間違われることはなかったそうだ。すごいな。

日本人は英語嫌いが多いようだが、そんなことを云っておれない。
訪日客は3000万人に迫り、4000万人を目指すというのだ。
愛想よく接し、又外国へ行けば日本の事を広めないと。
いや、その前に日本語を話しても外国語になって伝わるマイクを身につける日が来るのが先か。

帰りの荷物は軽くしたが、
満足感は重かったのは 良かった、良かった。

 うっしっし 
ブログランキングに登録したぞ!
励みになるのでぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

プロフィール2021

ちゃうじーじ

Author:ちゃうじーじ
活動的でチャーミングなマダームと3人姉妹の『若草物語』に囲まれて、日々の暮らしをエンジョイしているじーじのつぶやきブログです。
お立ち寄りくださった方は、どうぞのんびりとご覧になっていっていただけたら嬉しいです。

*大阪市生まれ。
*年齢:傘寿以上米寿未満
*特技:商社仕込みのビジネス英語
*趣味:マジック、詰将棋、ピアノ、映画鑑賞

Enjoying Blog, FB & Instagram these days.
Enjoyable ways of spending time !
Ability : Expressing thoughts in simple English.
Hobbies : Sleight of hand of cards. Piano practices.
Attempts : Understanding Russian words.

Instagram時々更新中!

Gallery

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アルバム

☆☆