FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2012年05月20日 (日) | 編集 |
不思議なご縁と大ねーちゃん。
どんな縁であれ、知り合った人々とは 機会を感謝して
うれしく付き合うのは 楽しいね。

                    

”この人にしておき。 お母ちゃんに免じて。
こんな人 もお いくら待っても現れないよ” とJi-jiの母。

”綿糸布部長の娘さんや。
 何も云う事ない” と父も云う。

姉。 ”Kちゃん。 何 云うてるの? まだ”

妹。 ”一緒に 歩ける人やん! 良い人や”
妹は 出かけて、梅新のバス停で密かに眺めていた。
母は うめだへ出かけ、梅田店で生き生きと働く様子を
見ていた。

上記の話は、
大阪は西区の我が家の一部屋での家族会議の時のものだ。
”分かった。 するよ”  と 私は結婚を決めた!!

一方、西宮の娘さんのお宅。
父親。 ”これに 決めよや”
娘さんは 京都の由緒ある家の話や 数多の話を断っていて、
清水の舞台から飛び降りる気持ちで決めた。
友達の夫たちは、
一流大出、一流企業勤め、ハイソな生活。
しかし、
娘さんは 羨ましいとは思わなかった と云う。

お父さんから 私に電話があった:
「一度 お会いしませんか?!」
うめだの阪神DPのパーラーでお会いした時、
私は云った。
「結婚は 常に美しいバラのようでは有りません。
 つらい時も有る事を 娘さんにお話ししておいて下さい」
偉い人に 臆面もなくえらそうに云ったものだ。

六甲山へ 誘われて行った。
2人分の弁当を作って来られた。
青い池が見えてきた。
「お弁当にしましょうか?」
「もう少し歩いてからにしましょう」 と 私。
歩いていると 山を下っていて、あれ、阪急今津線の線路が見えてきて、
もう、最寄りの駅だ。
弁当を食べずじまい。 娘さんの気持ちを全く酌んでいない。

西宮球場へ阪急主催の野球を見に行った。
敗色濃厚。 しかし9回裏に同点となり、延長戦になる。
中田がセンターへヒットを打ち、サヨナラ勝ち。
’あーあー’ の ふさいだ気持ちが、飛び上がっての喜びの気持ちに変わった。
西宮北口駅は帰りの人で大混雑。
「遅くなるので 帰ります」と駅で別れた。
家まで送っていく気持ちが 出てこなかった。

自分だけの気持ちでの行いばかり。
結婚すれば お互い好きな事をして、自由な時間を持ちましょうと話した。
私は 娘さんを良くしよう、 家庭の為に働こう、 そして
お父さんを悲しませるような事はしないようにと 思ったものだ。  
しかし、奥さんとなって 辛抱の時が続いた事だったろう。

Madamの強い、良い性格は:
過ぎた事は 振り返らない。 
良く、幸せになろうと思う。
成るように 行う。
明るく生きる。 
など。

以上は 初期の1、2コマを記した。
これ以降の心の機微を書く機会が 有るだろう。
掃除、洗濯、食器洗い、、、、これらを私がいくらやっても
長年の苦労はうめ合わせ出来ない。
疲れを感じられた時には、肩たたきをし、
きゅうと冷えたお冷を差し出そう。

ワイフの誕生日の朝に。
HAPPY BIRTHDAY

ウッシッシ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
Nochucaさんへ
Comment有り難う。

その時、その時、誰もが精一杯過ごして来て現在があるんだね。
Nochucaは、心配や苦労をして誇れる人生を作ってきた。

世田谷区の松陰神社で 皆で写真を撮ったね。良い写真だ!
皆の基の上にPapaは有ると思っている。

100のペアーには 100の色が有る。
自分の意志を持ち、又 思い遣る気持ちも持ち、
明るい心で過ごして行けばhappyに届くね!
2012/07/14(土) 06:43:38 | URL | ちゃうじーじ #-[ 編集]
いい夫婦
いろいろあったうちだけど、今二人とも、私たちも、みんなやっとそれなりの幸せを感じているときですね。こどもとして、こういう話をきくと嬉しいし、はげみにもなるし、自分もおばあさんになった頃、こんなカップルだったらいいなと思います。
2012/05/28(月) 21:50:12 | URL | nochuca #-[ 編集]
マザコンは悪くないという説が有る!
堂々とそんな息子を育てなはれや!
優しいお子となるやろうから。
2012/05/26(土) 01:54:21 | URL | 姫 #-[ 編集]
結局は
ええ話やなぁと思って読んだら
結局は「マザ◯◯」なだけやん・・・?
いくつになっても嫁は他人、
母親は越えられませんなv-8
2012/05/24(木) 22:01:24 | URL | 大ねーちゃん #-[ 編集]
縁は異なもの
K子さんは 全く他人の事を悪く言った事がない。 
これは玉に傷、いや 光だ。  まだ知らない良い面を 私は吐露していないだろう。 

「海外で苦労したね。
悲しいことがあれば いつでも云ってきなさい。
わたしの胸で抱きとめてあげる」 と母がK子さんに。

初めての子供が生まれる時、どう励ましてよいか分からなかった。  やっと母が到着して、「着いたから、安心しなさいよ!」 と妻に。  洗面所で 安堵の 涙鼻水をこっそり流した。  

初めからずーと、母はK子さんの味方であった。
彼岸へ行ってしまった後も これは変わらない。  
2012/05/21(月) 16:17:08 | URL | Rainbow #-[ 編集]
有難う!過分によく書いてくれて~
記憶がよみがえってきましたねえ。天国の父も今や
安心していることでしょう。嫁ぐ朝 「お姑さんに可愛がって貰いなさい。実家の自慢話は慎みなさいよ。」
メモをこっそり渡してくれたわ---
2012/05/20(日) 11:36:08 | URL | 姫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック