FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2012年06月12日 (火) | 編集 |
大ねーちゃんは六本木オーベルジュ・ド・リル、L'Auberge de L'ill
友とLunch。 良かったね。
非日常の時が過ぎて行った事だろう。

建物に エンタシス式の柱が立っている。
椅子は ロココ調か? 座り心地がいいね。
フランス料理は 一品毎に供される。 これは、
暖かい料理をご主人様に食べていただこうとの気持ちから
始まったのだね。

そうだね。 美味しい食べ物の思い出は
ずっと残っているね:

Madamは 紅茶が好きだ。
Kenyaでの 紅茶には、Hotwater ポットも付いてくる。
何回もお代わりを楽しめる。
茶葉は英国のBrooke Bondへ輸出されていた。

Kenyaの 近国Burundi(ベルギー領であった)の車両代理店を
訪れた時、レストランで夕食をご馳走になった。
フランス料理で 牛肉をハムで巻いたポワレが出た。
やわらかくて、グレービーの味良く、美味しかった!
当時は ポワレの意味を知らなかったが。

西アフリカの窓、Abidjan, Cote d'Ivoire、(コートジボアール=Ivory Coast)へ
出張した時 ホテルで  オニオン・スープを注文した。
チーズが頭の上迄行っても切れなかった。 本当に。
味も とても美味しかった。
その後の出張、3度ほど、そのたびに注文した。
オニオン・グラタンとは云わなかった。
フランス語のMenuは どうなっていたか?

ジュネーブ、Genava, スイスで Tranjit 時、
Cheese Fondueを 食べた。
美味しい事 云うまでもない。
水色のLeman湖の風景が のどかで良かったからか?!

New Yorkへ行った時、
。。。。。
いや、 北・南米の事は いずれ又にしよう。

再び 食する事には、
交通費が掛るのが ちょっと問題だな!!

ウッシッシ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック