FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2012年07月10日 (火) | 編集 |
大ねーちゃんが新しい語学を学びはじめた。

「日本人ですか?」
吾輩の問いかけに、その男性は何も答えない。
これは、東アフリカの内陸国、Rwandaの首都、Kigaliへ出張した時の空港の待合室での光景である。
このような辺鄙な所で 日本人に会えるとは! と思って、
懐かしさのあまり吾輩は話しかけたのだ。

彼は中国人であった。
彼は 英語をしゃべらなかった。
Nairobiへの機内では 紙とペンで、筆談をした。
絵も描いたと思う。
分かる言葉も有ったが、想像しても分からない文字も多かった。
漢文のようにはゆかなかったよ。

大ねーちゃんは 中国語に興味を持って、
学び出したんだね。
中国人は英語を話さないので、街中では苦労したとMadamは 云う。
上海や北京の近代的な街並みには驚きだそうだった。

中国語の響きは、フランス語に次いで 綺麗とMadamは云う。
偶然 TVの中国語講座を耳にすると、抑揚があり、なめらかな響きを聞くように思う。
上野の雷門の店通りに行くと喋ったり、聞いたりする場が多いのでは?!
真似して、臆せずに話す人ほど うまくなるというね。

吾輩が初めて南米へ出張する時、
阪急の西宮北口駅近くのダンス・ホールへ ダンスを数か月習いに行った。
2-3スタイルを覚える初級程度で終わった。
このような教養は 結婚前に身に付けて、家計を乱さないようにする事だと Madamから 後日苦情を受けた。

大にーちゃんよ。
ママが云われるようね、学生時代にやる事は沢山あるぞ。 
習得について、奥さんから云われる時には、
もう学生時代に戻るには遅すぎるーーよ。

 ウッシッシ 
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック