FC2ブログ
「???」「!!!」と思ったことを、率直に記していくで~
2012年11月05日 (月) | 編集 |
ママさんの旦那さんがSingapore駐在から帰って来られた。
賑やかになるよ。
いつって? 朝だよ。

これから、どんな順番に起きるのかな?
先ず旦那さんだろう。
旦那さんは前日いくら帰宅が遅くても、いや 実は
当日の朝 2時、や 3時に帰宅されても、
朝は6時頃には 起きられる 体力をお持ちだ。

「起きろ! 起きろ!」
これは 大兄ちゃんの目覚ましの 声。
しばらくは 体を起こさない。

柱時計が 鳴る。
音色がいい。 これは 小にーちゃん用だ。
学校へは 自転車で行かれる。
少し時間の余裕がある。

でも僕、ギンガムは 一番早く 真っ先に
ママさんを起こす。
3人の男子大人のたっぷりな朝食の用意と
小にーちゃんの弁当の用意をされる。
Kitchen、洗面所、階段など 戦場だよ。

そうだ。 ママさんを起こす。
僕は ”役に立っている” のだ。

夜は夜で、どんな時間でも旦那さんのお迎えをするよ。
ご褒美のカリカリをくれるとき、旦那さんは「おすわり」というので、
まるで犬のようでいやだな~と思うけど
僕はちゃんということを聞いてお皿の前に座るんだ。
そうすると褒めてくれるよ!

役に立つというのはいいね。
家に入り込んだ虫を見つけるときも、とっても褒めてもらえるんだよ!

ウッシッシ
2012年05月24日 (木) | 編集 |
大ねーちゃんは このごろ、Veterinary, 獣医さんのように忙しい。
にゃんにゃん・わんわん!あっちへこっちへ!

それと云うのも、小ねーちゃんは Poodle、プードルを飼い始めた。
生まれたばかりで 毛は茶色、’もこもこ’している (大ねーちゃん曰く)。
小姉ちゃんは 出かける事になったので、大姉ちゃんにSitterを頼んだのだ。
心配なのだ。当然だ。

りんご姫が プードルなら 飼ってもよいと
譲歩したので、飼育が実現したそうだ。
”もこも”が 段々大きくなってゆくとパパと一緒に散歩に行く、筈 だろう。
近所に 公園は 沢山あるね。

そうそう。
毛は くるまっている。
大ねーちゃんが 生まれた時、毛がくるりとしていて少なかった。
”毛は このまま?” Ji-jiは気になって 母親に聞いた。
”直ぐに 直るよ。 気にする事は無いよ” 母親の返事。

中ねーちゃんは 真直ぐだった。
ところで、小ねーちゃんは、 あれ?! 又 くるくるだった。
宝塚温泉の川べりの船上で写した写真がある。
可愛く、微笑んでいる。 
今だ残る小さい時の貴重な写真だ。
もう Ji-jiは 毛を気にしなかった。

さて、 それから
大ねーちゃんは ばーばちゃん、Ji-jiが出かけている家に
Monicaを見に来た。

餌皿の所で ねーちゃんを見上げて、
「Food 下さい」と鳴き声をあげる。
自分の好きな餌を このSitterさんからもらえる事をよく知っている。

Monicaは 沖縄生まれ。
台風銀座で揉まれたからか、性格は温暖だ。
Verandaへ出たい時に 障子紙をひっかいて破ったとしよう。
Ji-jiが 運悪く 見つけて、”ぱん”と 手をたたく。
逃げたりせず その場に ごろんと横になる。
”ごめんなさーい。 閉まっていたのよ”
これでは 怒ったりできないなー。

やっと 大ねーちゃんは 「ただ今」と 我が家に戻ってきた。
ギンガムは 手足を伸ばして安堵感を示すが、
”なぜ 長い事出かけていたの” と 
大変不満な目付きだ。

Ji-jiが 近近行く時、慰めてあげる。
いつか、くるくる模様のギンガムが
”もこも” を 見る時がくるかもしれないよ!



ウッシッシ
2012年01月24日 (火) | 編集 |
Hi
ギンガム

雪が降ってるよ。

今度は きっと白く積もるね。

ベランダから 外へ出たらいけないよ。


IMG00602.jpg

今朝は横浜とは思えないような景色になったよ。

IMG00610_edit0.jpg


IMG00617.jpg


お日さま さん、SUN。 だったね。

ゆき。 すぐに融けて積もらなかった。

ベランダにとけ残った雪に足あとができたか。

犬のように庭駆けまわったあとは

こたつで丸くなろう!

うっしっし
2011年11月12日 (土) | 編集 |

ぎんちゃんに弟がきましたーグレーと黒のフワフワ毛糸で編んだあみぐるみちゃんです~ぎんちゃん2号登場!?『カンパイびより』



銀2号登場。

「ええー! 次、 飼ったのかい?」

”ぎんちゃんに弟が来ました” と 読んだ時、こう思ったよ。
びっくりした。  もう一匹増えるのかー?

ママさんが外から帰ってきた時、
ギンガムは前足を伸ばし、背伸びしてママさんの
体に寄り添って立つ。
大きくなったから 前足の先は ジーンズを通り越し、
セーターの中頃まで届く。
爪は良く切って有るので、穴が開く心配は無い。

ギンガムは この頃は大にーちゃんの 
”社長風革張り、肘掛け付きChair”に横になる。
じーじが 次に行く時、銀2号の ひげの長さや 
横腹の丸い模様(有るかな?)などを
寝転んで伸びたギンガムと見比べてみるのが 楽しみだ。

じーじにも ばーばちゃんが特注して作ってくれた、
”Another One”、 「かくれ Ji-ji」が 有るんだぞ。
二階のベランダへ行く時には
これをギンガムの傍に置いておくと、
心安らかに 安心して行ける事だな。

ウッシッシ
2011年05月06日 (金) | 編集 |
シャボンの泡

ギンガムは 2才になってママを手伝えるようになったのだね。
成長はすばらしい!

ダスキンが出来ない 密かな角などに
前足、後ろ足でシャボンを塗ってあげて、ママさんが 磨く。
”一泡、二清” だね。

洗剤のふた閉忘れでよかった。
ソースの閉め忘れ、
ワインの閉め忘れ、などは困るよ。
流れ物の再利用が難しい。
戸棚の扉の閉め忘れは 要注意。
頭を上げた拍子に目の前を 扉がかすめる事が有る。
 あぶない!

福井県 永平寺の堂閣をめぐる回廊はすばらしい。
修行僧が 杉の廊下を磨きながらも  仏の教えを唱え、覚える。
信仰心の有る観光客も 磨きをする事が出来る。
「天、地、空」の境地に至る。 ¥300の寄進をする。

一辺50m。などの長い廊下は ちょっと避けた方がよい。
足腰は十分鍛えられても、 暫く15分程は 身体曲がったまま。
短い廊下にしよう。

ウッシッシ